展示内容を少し解説します



調布文化会館たづくりでの展示
「ピンホール写真展〜やわらかな光、ゆるやかな時間」。
長〜いと思っていた展示期間も無事に終わりました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
今日は、展示を振り返ってみます。

今回のグループ展は、企画会社があり、そこから声をかけていただきました。
レビンソンさんも大木さんももう長く存じ上げておりますが
ご一緒するのは、初めてでした。
でも、グループ展というよりも、それぞれ個展って感じで
一度に3人の個展を見るという展示でした。
3人それぞれのアプローチで、楽しんでいただけたかと思います。


今回、私は壁面が4枚とのことで、壁ごとに組写真にしました。
「夕暮れにひとり」「蒼い影」「硝子越しに」「針鉄の旅」です。

「夕暮れにひとり」は、空が夕焼けに染まらなくても
夕暮れ時に撮ったものでまとめました。

夕暮れ時に針穴するのが、とても好きです。
露光時間が長くなるので、予期せぬ画ができあがります。
針穴写真の好きなところで、長時間露光があります。
夕暮れ時はそれを思いっきり堪能できますね。

そん中の一枚。


c0016712_20322566.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

これは、今年の1月にアメリカ西海岸アナハイムのディズニーランドの入口で撮りました。
ディズニーランドには入ってません。
三脚を立ててじっとしているので警備員に「何してんだ?」と
不審者扱いされましたよ。

もう一枚。


c0016712_20351658.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

これも、今年の1月に入ったアメリカ西海岸のハンティントンビーチ。
この日は、太陽が沈む前は金色に輝いていたのに
水平線近くに分厚い雲が出てきて、予想外に綺麗な空にならなかった。
で、撤収しようと思った時に、自分の手が赤くなってて、空を見上げたら
なんとも言えない色に。
慌ててもう一度三脚を立てて撮りました。
16分間の空の変化を一枚に流し込め、実際の空よりもドラマチックに撮れたと思います。

この壁面は、マットを黒色で、切り口も黒にしました。
額縁も黒です。

写真を展示する時に、黒マットで切り口黒は、難しいとか、珍しいとか言われますが
私は、好きです。実際、よく使います。
特に、針穴写真は周辺光量が落ちているので、写真からマットと額縁が
延長線に繋がるように感じられます。
さらに、今回は、夕暮れなので、普通よりも周辺光量落ちが激しく
周辺が黒くなりがちなので、マットの黒と繋がりやすかったと思います。
それと、マットを黒にすることで、針穴カメラの内部を想像してもらえたらと
思ってこの展示方法を選びました。


「蒼い影」。
この壁面は、サイアノタイププリントで展示しました。
なので、データにしてないので、ここに表示できません。
今回展示したサイアノタイププリントは、
フィルム原版でプリントしたものと、
デジタルピンホールで撮影し、ピクトリコのネガシートにプリントしてから
サイアノタイププリントをしたものとを混在させました。

私は、デジタルも否定しません。
デジタルならではの使い方もしていきたいと考えています。
でも、ただデジタルで撮るだけじゃつまらないなと思うので、
あえて、古典的な技法であるサイアノタイププリントで仕上げました。


「硝子越しに」は、
窓からの風景や、窓そのもの、窓が印象的な場所などでまとめました。


その中の一枚。

c0016712_20502733.jpg
ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分ぐらい

これは、山形の旧県庁舎。
窓から見える煉瓦造りの建物と、窓にかかるレースのカーテンを撮りました。

もう一枚。


c0016712_20542042.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/1分ぐらい

これは、今年の1月に行ったアメリカ西海岸、
マリーナデルレイ近くのホテルの窓から。
別にどうってことない普通の窓だけど、
隣の酒屋の看板と椰子の木が窓から見えたので。

針穴写真の特徴の一つに、パンフォーカスがあります。
手前も奥も同じように写る。
それを利用して、窓も窓枠も窓周りも窓の向こうの景色も撮ります。
いつも、その窓辺に佇んでいる、そういう空気感や質感を大切に
撮るようにしています。


「針鉄の旅」。
針穴写真で鉄道の旅情を撮るとか、針穴カメラを持って鉄道の旅に出ようとか
そういう意味での造語です。
少しずつ鉄道の旅をして、その先々で鉄道に乗って旅をしたいなと
感じてもらえるようなものを目指して撮ってます。
中でも今回は、走っている車両からのものでまとめました。


c0016712_21112623.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい

鉄道の旅に出ると、乗った路線の先頭か後ろでこれをやります。
のんびりしたスピードでも針穴で撮るとすごい疾走感。
それと乗っている感がよく出るので、好きです。

もう一枚。


c0016712_21134899.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい

これは、赤い鉄橋を通過中に撮ってます。
なので、赤い筋のようなものが写っているのです。


さらにもう一枚。

c0016712_21145379.jpg

ほるちゃん/FujiChrome タングステン/1分ぐらい


これは、雨のゆりかもめ。
しかも、レインボーブリッジの下を通過中です。

針穴写真の苦手なところに、動きがあります。
動いているものはうまく写らない。
でも、それはデメリットでもあるけど、同時にすごいメリットにもなるのです。
例えば、風で揺れる木々、歩く人、船からの景色、などなど。

針穴写真の苦手なところをあえて使って、針穴写真でしかできない表現を考える。
そういうことも考えて撮ってます。



今回の展示で、私の中で撮りためている幾つかのアプローチを
少しまとまった形でお見せすることができました。
また、針穴写真でできることの可能性や多様性も提案できたらいいなと
考えて、これらのテーマを選びました。
長時間露光、パンフォーカス、動き、プリント方法。
針穴写真という道具を使って、どう表現するか、何を伝えたいか、
その辺りも感じてもらえたらいいなと思っています。

それと、実は今回はそれぞれの組写真の中に、人影を入れています。
4つの壁面に共通して、人の気配を感じさせる、を密かに表現してました。
裏テーマって感じですね。

以前から私の展示を見ていてくれてる方には、
今回、何かが違うと言われることが多かったです。
それは多分、人という存在だと思います。

いつもの海辺に人を一人立たせるだけで、
今まで私が撮ってきた海辺とは
ほんの少し違ったニュアンスを紛れさせることができたと思ってます。
全部に入れるつもりはないけれど、
数枚に主役ではない人を入れることで、より印象に残ったらいいなと
考えて写真を選びました。


一人でも多くの人の中に針穴写真が残るといいな、
一人でもやってみたいな、と思ってくれるといいな、
実際にはじめてみたって人が増えるといいな、と思ってます。

今回の展示場所は、
市役所や図書館に来た人がついでにふらっと立ち寄ってくれることも多く
普段は写真を見ない人、全く撮らない人とお話しすることもあり
私も新鮮でした。
写真ギャラリーでやるのとはまた違って、楽しかったです。

ありがとうございました。













# by hariana_no_kokoro | 2016-06-05 21:43 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(2)

世界ピンホール写真デー

今年の世界ピンホール写真デーは、4月24日でした。

毎年、4月の最終日曜日に設定されている、「世界ピンホール写真デー」。
単純に、この日に撮ったピンホール写真をサイトにUpして共有しようという
ゆる〜い、イベントです。
でも、毎年思うのですが、世界のどこかで誰かがこの日にピンホール写真を撮っているんだ
ってそう思うと、静かなわくわくが湧いてきます。
針穴で繋がる世界への扉。

で、今年の日本針穴写真協会の撮影会は、飛鳥山公園で行いました。
ここ10年は最低でも毎年晴れていたんだけど、今年はちょっと微妙なお天気。
とはいえ、集合時間の午後には、晴れてきて蒸し暑くなりました。
何枚か撮って、どれをUpするか、いろいろ迷いました。
一番迷ったのは、これ。


c0016712_20262420.jpg

はりほるちゃん69ver./Fuji Chrome Velvia ISO50/1分ぐらい

大好きな螺旋階段。
しかも、いい感じの黄色で、いい感じに光が入っていて、
とてもただの公園の遊具とは思えないです。
子供が走り回っていたけれど、露光時間が1分なので、消えてしまっています。

それと、もう一枚、迷ったのが、これ。

c0016712_20284769.jpg

はりほるちゃん69ver./Fuji Chrome Velvia ISO50/1分ぐらい


ここは、飛鳥山公園から歩いて30分ぐらいにある北区立中央図書館
元は何だったかよくわからないんですが、
素敵な素敵なレンガの建物の外観を残してある図書館。
中も素敵でした。
こんな図書館が近所にあったらいいのにな〜。

で、迷った末に、私がUpしたのは、こちら!

飛鳥山公園は階段で登るとけっこうきついです。
てなわけで、できたのが「アスカルゴ」という小さな無料のモノレール。
それに乗って針穴しました。

世界ピンホール写真デー」のサイトのギャラリーで
いろんな国のいろんな針穴写真を見るだけでも楽しいので、
ぜひ、のぞいてみてくださいね。


さて、引き続き展示のお知らせです。
長いと思った会期ももうすぐで終わりです。

c0016712_21194977.jpg



ピンホール写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間
エドワード・レビンソン大木靖子/遠藤志岐子

会期:4月9日(土)〜5月22日(日) *4月25日(月)・26日(日)休廊
時間:10:00〜18:00
会場:調布市文化会館たづくり1階 展示室


私は40作品ほど出します。未展示のものが9割ぐらいになります。
「針鉄の旅」「蒼い影」「硝子越しに」「夕暮れにひとり」と
4枚の壁を4つのテーマにしました。
「針鉄の旅」以外は曲名を少しお借りしています。
わかるかな。

この先の在廊日は、
5月11日(水)は13:00頃から16:00まで、
5月22日(日)10:30頃から最後まで、それぞれ在廊予定です。
会場内で見かけたら、遠慮なく声をかけてくださいね。
お待ちしています。







# by hariana_no_kokoro | 2016-05-08 20:40 | 日本針穴写真協会 | Trackback | Comments(4)

しゃぼん玉飛んだ

ゴールデンウィーク!
てなわけで、暇だったので、近所の公園でしゃぼん玉してきました。
でも、風が強い。
というわけで、フィルムは断念して、デジタルピンホール。
どうせなら、というわけで、また動画にしてみました。

春風と陽光を感じてもらえたら嬉しいです。
音声をオフにできたので、今回はうるさくないよ。




さて、展示のお知らせです。
さらに在廊日を追加しました。

c0016712_21194977.jpg



ピンホール写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間
エドワード・レビンソン大木靖子/遠藤志岐子

会期:4月9日(土)〜5月22日(日) *4月25日(月)・26日(日)休廊
時間:10:00〜18:00
会場:調布市文化会館たづくり1階 展示室

正面の吹き抜けのホールをエスカレーターに向かって右手に細い通路があります。
トイレなどがある通路です。
そこを抜けて右手に進むと展示室があります。
ちょっとわかりにくいのでご注意を。

私は40作品ほど出します。未展示のものが9割ぐらいになります。
「針鉄の旅」「蒼い影」「硝子越しに」「夕暮れにひとり」と
4枚の壁を4つのテーマにしました。

この先の在廊日は、
5月11日(水)は13:00頃から16:00まで、
5月22日(日)10:30頃から最後まで、それぞれ在廊予定です。
会場内で見かけたら、遠慮なく声をかけてくださいね。
お待ちしています。

長い会期だと思ったけど、もうすぐ終わりです。


# by hariana_no_kokoro | 2016-05-03 22:32 | 針穴動画 | Trackback | Comments(2)

ガラス越しに

四谷三丁目にあるギャラリー「ルーニィ」で、針穴写真研究会という講座を開いています。
毎月1回の撮影会と、その時の写真を持ち寄っての講評会をしています。
随時、参加される方を募集しています。

5月の撮影会は、新宿御苑で5月7日(土)に行います。


今日の写真は、その撮影会で東京モノレールの乗って降りてをした時のもの。


c0016712_21035238.jpg
ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/2分ぐらい

天王洲アイルにある駅ビル(になるのかな)で、撮りました。
針穴写真は手前も奥もピントが来るパンフォーカスなので、
こういう借景というか窓越しの景色を撮るのが好きです。

今回の調布での展示にもこういうのでまとめた壁があります。
フレーム・イン・フレームという感じですが。
その場所の奥行きや、影になっている部分を想像したり、
その場の空気や雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。



で、その調布で、17日(日)にワークショップを行いました。
午前は子供の部、午後は大人の部。
こちらで用意した空き箱に、ピンホールをその場で開けて取り付けて
直接印画紙で撮影し、暗室で現像してネガを作ります。
そのネガを印画紙に密着反転し、現像するという2時間です。

針穴作りも、それほど精度は求めず
薄いアルミ板にブスッと針で開けてちょっと紙やすりでならすのみ。
皆さん意外と綺麗な穴ができました。

雨女なので、ワークショップのお天気はなかなか恵まれません。
今回のは、その中でも稀に見る悪天候でした。
台風のような強風と豪雨。
外での撮影なんて、できませんよ。
雨は降らなくても、この強風だけで空き箱カメラが吹っ飛びます。
てなわけで、急きょ用意した小さな造花とかビー玉とかコップとかを
窓際に置いて撮影。
パンフォーカスなので、手前のモチーフも窓の外の景色も写ります。
皆さん、いい写真ができました。

なんどやっても暗室作業は楽しいですね。
参加した方は「家でもできる?」「家でどうすればいい?」
「押入れは?」「物置ならどう?」など聞いてきます。
どこでもできます。
ただ、ちょっとしたコツや慣れや知識が必要です。
今回の会場、調布文化センターには立派な暗室があります。
こういう施設があるとワークショップをするのも楽です。
でも、本当は、誰かの家や教室などを使って
みんなで暗室を作るところからやrワークショップができたらいいな
と、思います。
作りながら、コツや知識を説明すれば、
家に持ち帰って試してみる人が出てくるかもしれない。
引き伸ばし機がなくても、
密着反転なら電気スタンドでも工夫すればできるよって
実際にやって教えてあげたい。

と、ワークショップをやるたびに感じます。
ワークショップで得た感動や驚きが冷めないうちに
自分の生活の中でできたら、
針穴写真を続けていく人が出てくるかもしれないなって思います。



さて、展示のお知らせです。
さらに在廊日を追加しました。

c0016712_21194977.jpg



ピンホール写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間
エドワード・レビンソン大木靖子/遠藤志岐子

会期:4月9日(土)〜5月22日(日) *4月25日(月)・26日(日)休廊
時間:10:00〜18:00
会場:調布市文化会館たづくり1階 展示室

正面の吹き抜けのホールをエスカレーターに向かって右手に細い通路があります。
トイレなどがある通路です。
そこを抜けて右手に進むと展示室があります。
ちょっとわかりにくいのでご注意を。

私は40作品ほど出します。未展示のものが9割ぐらいになります。
「針鉄の旅」「蒼い影」「硝子越しに」「夕暮れにひとり」と
4枚の壁を4つのテーマにしました。

この先の在廊日は、4月23日(土)、29日(金祝)は、10:30から最後まで
5月11日(水)は13:00頃から最後まで、それぞれ在廊予定です。
会場内で見かけたら、遠慮なく声をかけてくださいね。
お待ちしています。


赤い安全光の下での作業は本当に楽しい。
時間を忘れるほど。
暗室の独特の空間、現像液の匂い、酢酸の匂い、
どれもとても愛おしいです。

私にこの時間、この愛おしさを教えてくださった栗原さんは
残念ながら今年の1月に亡くなってしまいました。
それ以来、暗室に入るたびに、栗原さんを思います。
なんで死んじゃったの?
栗原さんがいたら、もっと暗室に入れたのに。
なんで死んじゃったの?
と、暗室の作業をしながら反芻します。

ワークショップで暗室作業の説明をしながら、
質問を受けながら、自分と栗原さんに問いかけます。
栗原さん、私はあなたに教わったことを
ちゃんと人に伝えられているでしょうか?と。

# by hariana_no_kokoro | 2016-04-20 21:31 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(0)

階段

3月に、三好心さんの写真展「ありがとう松山ビルさよなら三好心写真事務所〜そこに存在したモノ(前編)〜」を観てきました。
三好さんの作品は8 x 10のグループなどで観ていたのですが、個展初めて。
圧倒的に胸に迫ってくるものがあり、とてもいい作品を観させてもらいました。
このタイトルにもなっている松山ビル。
昔から、よくこの前は通っていて、存在は知っていたけど用事もないのに入れないなぁと思っていた。
このビル、残念ながら外観をベターっと茶色の塗料で塗ってしまってます。
塗らなきゃいいスクラッチタイルなのに。
でも、中はいい味でした。
こういう建物が大好きなのです。
そして、螺旋になっている階段も大好きです。
針穴させていただきました。



c0016712_21135837.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

階段のよく磨かれた手すりの滑らかさ、石のステップ、踊り場のタイル、縦長の窓。
うっとりするほどいい空間でした。

この展示で、三好さんの現像室も見られたのですが、素晴らしい空間でした。
機能的でコンパクトなのに広さを感じて、赤とグレーと黒に統一されてました。
うっとり。

では、もう一枚、階段を。

c0016712_21141285.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

昔の建物は、細部までデザインされていて、作る側にも、作らせる側にもゆとりを感じます。
こんなビルで働けたら幸せだろうなぁと感じます。
残念ながら、道路拡張のため解体されてしまいます。
またひとつ、古くて素敵な建物が消えていきます。



さて、展示のお知らせです。
在廊日を追加しました。

c0016712_21194977.jpg



ピンホール写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間
エドワード・レビンソン大木靖子/遠藤志岐子

会期:4月9日(土)〜5月22日(日) *4月25日(月)・26日(日)休廊
時間:10:00〜18:00
会場:調布市文化会館たづくり1階 展示室

正面の吹き抜けのホールをエスカレーターに向かって右手に細い通路があります。
トイレなどがある通路です。
そこを抜けて右手に進むと展示室があります。
ちょっとわかりにくいのでご注意を。

私は40作品ほど出します。未展示のものが9割ぐらいになります。
「針鉄の旅」「蒼い影」「硝子越しに」「夕暮れにひとり」と
4枚の壁を4つのテーマにしました。

4月17日(日)には空き箱カメラを使った印画紙での撮影と現像のワークショップも行います。
午前が子供の部、午後が大人の部です。
午後の大人の部は、現在キャンセル待ちになっています。
午前の子供の部は、まだ少し空きがあります。

会期が長いので、在廊日をなかなか決められないのですが、
今のところ、4月9日(土)、10日(日)、23日(土)、29日(金祝)は在廊予定です。
これだけってことはないので、また決めたらブログに書いていきます。
会場内で見かけたら、遠慮なく声をかけてくださいね。

お待ちしています。





# by hariana_no_kokoro | 2016-04-06 21:24 | 松山ビル | Trackback | Comments(6)