ミラーレス一眼を針穴カメラに


今までにも何回か、デジタル針穴で撮ったものを出してきましたが、
久しぶりに、そのお話を詳しく。

使っているのは、人から格安で譲っていただいた
オリンパスPENのEP-1の初号機。
で、これに装着している針穴は、
Pinwideという海外のメーカーのものです。
これの、マイクロフォーサーズ用を使っています。

今までのデジタル一眼レフや、フィルムカメラの一眼レフだと
ボディキャップにピンホールをつければ、
まぁ、撮れるんだけど、でもなんとなく面白みがない、
そんな感じなんですよね。
これは多分、穴からフィルム面またはCCD面までの距離があるので
広角に撮れないからなんとなく面白みがない、
ってところにつながるのかな、と
私自身は解釈していました。

で、ミラーレスですよ。
ミラーがない分、ボディキャップにピンホールをつけても
今までの一眼レフよりは、フィルム面やCCD面までの距離が短くなり
広角になりますね。
このPinwideはサイトを見ていただくとわかるように
すり鉢状になっていて、針穴がボディキャップにつけるよりも
さらにCCD面に近づいているのです。
より広角になる、というわけです。

このデジタルのミラーレス一眼にとりつけるための
すり鉢状にする工作が自分ではできなくて
悩んでいたのですが、
先日、知人から「Cマウントを使うんだよ」と教えていただきました。
とはいえ、Cマウントがなんのことやらわからないのですが(苦笑)。
わかったことは、Cマウントはそこにレンズをつけるための穴が空いていて
その穴にはスクリューの溝が切ってある。
なおかつ、その穴は通常のボディキャップよりも
窪んだ位置にある、ということ。
で、そのCマウントの穴をふさぐボディキャップのようのものがある。
しかも、それを通常の表側からふさぐのもいいけれど
裏側からもスクリューだからねじ込めるんだよ、ってこと。

そうです。
Cマウントをミラーレス機に取り付ける前に、
裏側にCマウントのボディキャップに針穴をつけたものを装着すれば
すり鉢状のように、CCD面に落とし込める、っていうわけです。
しかも自作で!
てなわけで、やってみました!


c0016712_21041685.jpg

左上:Cマウントのボディキャップにリーマーを使って穴を開ける
左下:針穴作成中(アルミ空き缶を紙やすりで削って薄くして待ち針で穴を開けます)
右上:左がCマウント。右がリーマーで穴を開けたCマウントのボディキャップ
右下:Cマウント裏側に針穴をつけたCマウントのボディキャップを装着


おぉ、これなら広角になる〜!と思ったのもつかの間、
裏側にボディキャップをつけたCマウントがPEN EP-1のボディにつきません。
ボディキャップを正しい位置につけたCマウントはちゃんとつくのに。

裏側につけたCマウントのボディキャップの出っ張りが
オリンパスのCCDの前の四角くカットしたボディにぶつかりはまらないのです(涙)。
知人に見せてもらった富士フィルムのミラーレス機にはついていたのに。
うーん、残念。
これは、カメラ本体の形にもよるみたいです。
富士フィルムのはCCD前のボディの空間が丸のままなのかも。

で、仕方ないのでCマウントに通常のつけ方で針穴をつけたボディキャップを装着しました。
それでも普通のボディキャップに針穴をつけるより広角なんです。
で、Pinwideで撮ったものと比較してみます。

まずは、Pinwide。

c0016712_21043727.jpg

ふむ、まぁ、こんな感じです。

で、同じ位置から、Cマウントの表側に針穴をつけたもの。


c0016712_21043316.jpg

めっちゃ、望遠!ほぼ標準に近いかも。
Pinwideとの針穴の距離は1cmちょっとの違いしかないのに、
この画角の差!
周辺光量落ちもPinwideの方が落ちてますね。
わかりやすい。
これがね、Cマウントの裏側につけられると、ほぼPinwideと同じような
画角になるんだよね〜。


ミラーレス一眼を持っていて、
ボディとCCDの間の形が四角じゃなきゃ、Cマウント、いいと思います。
ちなみに、Cマウントってピンキリなんですよね。
下は2000円以下から、上は7万円なんてものまで。
こんなお遊びに使うものなので、ヨドバシなどのカメラ屋さんではなく
アマゾンで買う方が安いです。
そんで、Cマウント用のボディキャップは、3つで300円以下ってのも
探し出してそれにしました。(だって穴を開けちゃんだもん)

今回できちゃったちょい望遠気味のも
撮り方や使い方によっては面白い作品が作れそうな気がします。
Pinwideと並行して使って行こうとは思っています。

デジタルで針穴をいつもと同じように撮っても
私はあんまり面白くないと感じています。
でも、それでもデジタルを拒否するつもりはないので
デジタルならではの使い方をいろいろ模索しています。

まぁ、フィルムがあるうちにフィルムでたくさん撮っておきたいですね。





トラックバックURL : http://hariana.exblog.jp/tb/24306812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surgeon24hrs at 2015-07-01 01:26 x
おはようございます。

うん! これは面白い実験ですね。こういう事を思いつくところがさすが。試してみたくなりました。

お引越しして、窓がどの部屋にもある、と言うコメントには思わずクスリと笑ってしまいました。  : )
もうすっかり新しい環境にも慣れたことでしょうネ。
Commented by hariana_no_kokoro at 2015-07-01 21:02
>surgeon24hrsさん
しきはんです、こんばんは。
コメントありがとうございます。
デジカメもミラーレスが出てきて実験できることが増えましたね。
とりあえず、どんなもんか撮ってみたいという人にもおすすめです。
Cマウントなんて、初めて知りました。こういう時、カメラの基本的な知識がないことを残念に感じます。

まだまだ新しい環境に慣れないです〜。本音を言うと、マンション生活に戻りたいです(苦笑)。
by hariana_no_kokoro | 2015-06-24 21:34 | デジタル針穴 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31