階段

3月に、三好心さんの写真展「ありがとう松山ビルさよなら三好心写真事務所〜そこに存在したモノ(前編)〜」を観てきました。
三好さんの作品は8 x 10のグループなどで観ていたのですが、個展初めて。
圧倒的に胸に迫ってくるものがあり、とてもいい作品を観させてもらいました。
このタイトルにもなっている松山ビル。
昔から、よくこの前は通っていて、存在は知っていたけど用事もないのに入れないなぁと思っていた。
このビル、残念ながら外観をベターっと茶色の塗料で塗ってしまってます。
塗らなきゃいいスクラッチタイルなのに。
でも、中はいい味でした。
こういう建物が大好きなのです。
そして、螺旋になっている階段も大好きです。
針穴させていただきました。



c0016712_21135837.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

階段のよく磨かれた手すりの滑らかさ、石のステップ、踊り場のタイル、縦長の窓。
うっとりするほどいい空間でした。

この展示で、三好さんの現像室も見られたのですが、素晴らしい空間でした。
機能的でコンパクトなのに広さを感じて、赤とグレーと黒に統一されてました。
うっとり。

では、もう一枚、階段を。

c0016712_21141285.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

昔の建物は、細部までデザインされていて、作る側にも、作らせる側にもゆとりを感じます。
こんなビルで働けたら幸せだろうなぁと感じます。
残念ながら、道路拡張のため解体されてしまいます。
またひとつ、古くて素敵な建物が消えていきます。



さて、展示のお知らせです。
在廊日を追加しました。

c0016712_21194977.jpg



ピンホール写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間
エドワード・レビンソン大木靖子/遠藤志岐子

会期:4月9日(土)〜5月22日(日) *4月25日(月)・26日(日)休廊
時間:10:00〜18:00
会場:調布市文化会館たづくり1階 展示室

正面の吹き抜けのホールをエスカレーターに向かって右手に細い通路があります。
トイレなどがある通路です。
そこを抜けて右手に進むと展示室があります。
ちょっとわかりにくいのでご注意を。

私は40作品ほど出します。未展示のものが9割ぐらいになります。
「針鉄の旅」「蒼い影」「硝子越しに」「夕暮れにひとり」と
4枚の壁を4つのテーマにしました。

4月17日(日)には空き箱カメラを使った印画紙での撮影と現像のワークショップも行います。
午前が子供の部、午後が大人の部です。
午後の大人の部は、現在キャンセル待ちになっています。
午前の子供の部は、まだ少し空きがあります。

会期が長いので、在廊日をなかなか決められないのですが、
今のところ、4月9日(土)、10日(日)、23日(土)、29日(金祝)は在廊予定です。
これだけってことはないので、また決めたらブログに書いていきます。
会場内で見かけたら、遠慮なく声をかけてくださいね。

お待ちしています。





トラックバックURL : http://hariana.exblog.jp/tb/25489856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by harurei at 2016-04-07 22:06
光のふくらみというか
光が流れていく空間の空気感がもう!
建物の色調もとてもいい感じで。

写真展来週末頃行けそう~
在廊のタイミングには折り合えなそうだけど
40作品も見られるのはとても嬉しい。
ゆっくりのぞいてくるさね(^o^)
Commented by hariana_no_kokoro at 2016-04-07 23:21
>harureiさん
嬉しいコメントをありがとうございます。

あらぁ、お会いできなさそうですか、残念です。
でも行っていただけると嬉しいです。
ゆっくり観てくださいね。
感想も教えていただけると嬉しいです。
Commented by surgeon24hrs at 2016-04-09 01:15 x
おはようございます。

これは素敵なビルですね。建物の外装はリンクから飛んでみましたが、仰っている意味がよくわかります。解体ですか! こういう物を残せないのは、時代の流れとは言え、寂しいことですね!解体前に針穴できて、よかったですねー!!

Commented by hariana_no_kokoro at 2016-04-10 00:41
>surgeon24hrsさん
コメントをありがとうございます。
昔から気になっていた建物だったけど、用事もないのに中に入るのはなぁ、と思ってたのです。
本当に解体は悲しいですが、中に入ることができて良かったです。
道路拡張のためらしいですが、まだ周囲の建物も残ってるので、拡張が終わるのはいつになるやら…
Commented by harurei at 2016-04-17 23:40
いってきたよー!
見応えのある素晴らしい写真展でした。
実物のピンホールカメラも見られて嬉しかったなぁ

普通のカメラはピントを合わせてボケをつくることで遠近感や立体感を出しているけれど、ピンホールは時間の流れが生み出すブレが必然性のあるボケのように見えて、ものすごく自然なんよね。

3人の写真に共通しているのは、見たことがある感覚。
あまりにも自然で肌触りがあるから、違和感がなくて、心地よくのめり込めて。楽しかった~

思わず受付で「エドさんのピンホール写真教室」買ったったw
わしもまた挑戦するー!
Commented by hariana_no_kokoro at 2016-04-20 21:45
>harureiさん
わー、ありがとうございます。
そして、すごく嬉しい感想です。
本当にありがとうございます。
暗室できたら、次は、ぜひ針穴も!
本当にありがとうございます!!!
by hariana_no_kokoro | 2016-04-06 21:24 | 松山ビル | Trackback | Comments(6)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30