お茶の時間

ルーニィでの「針穴写真研究会」では、月に1度撮影会を行っています。
撮影をして、お昼ご飯を食べて、撮影して、お茶をするのが
毎回の流れになっています。
で、昔の赤坂プリンスホテル旧館がレストランやティールームになり
気軽に入れるようになったので、この日の撮影会の最後のお茶はここで。


c0016712_23045944.jpg
ほるちゃん(69ver.)/FujiChrome Velvia ISO50/18分ぐらい


明るく見えて針穴で撮ろうとすると結構な暗さだとわかります。
暗いというより落ち着いた雰囲気かな。
窓やカーテン、椅子の質感など、雰囲気が少しでも伝わるといいな。

この日、隣に座っていたかなりご年配な女性。
カメラを持っていたので、少し話をしたら、
今、83歳で、70歳を過ぎてから初めてカメラを持ち
デジタル一眼レフで撮り続けているそうです。
でもそのおかげで、いろんなところに行きたいと思い、
行くためには健康でいなきゃって思えるようになったと
ニコニコと話してくれました。
どんな写真を撮られるのかなと、気になったことを思い出します。

トラックバックURL : http://hariana.exblog.jp/tb/28597011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surgeon24hrs at 2017-12-20 01:01 x
おはようございます。

とても素敵な雰囲気ですね。ここでお茶がいただけるのですか! 
着席すればカメラをテーブルに置いて針穴も平気ですもんね。楽しそう。
Commented by hariana_no_kokoro at 2017-12-20 22:33
> surgeon24hrsさん
コメントありがとうございます。
そうなんですよ、ここティールームなのです。
昔の赤プリの旧館なんですが、昔もここティールームだったのかもしれません。
お茶を飲んでいる間に針穴するのが楽でいいですよね。
子供の頃、3泊くらいここに泊まったことがあるのです。
その時は、こんな明るくなくて、暗めのシックな大人の世界だったのを覚えています。
by hariana_no_kokoro | 2017-12-14 23:14 | ただいま食事中 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31