澄み渡る空

久しぶりの更新です。

針穴写真で、水のある風景や、曇のある空や、逆光を撮るのが好きです。
動くものと動かないもののコントラストや
時間や空気の流れが写り込むから。
針穴写真にかかると逆光の光りは粒々になって
普段目にする光線とは全然違うものになっている。
そうやって、水の中に、曇の中に
いつもとは違う何かが発見できる。
本当は、常に皮膚でそういう何かを感じているはずなのに
鈍感になった私は針穴写真を見るまで気がつかない。

c0016712_17464464.jpg


でもたまにはこんな一枚も好き。
どこまでもどこまでも青く青く澄み渡る空。
曇がある空の方が動きが出て楽しいけれど、
こんな真っ青な青空も針穴で見ると、冬の冷たい空気までもが
写し込まれているような気がしてくるから不思議。




大人の科学付録カメラ/コダックのリバーサルISO100/5秒ぐらい
トラックバックURL : http://hariana.exblog.jp/tb/347904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hariana_no_kokoro | 2005-01-18 17:54 | 大人の科学付録針穴 | Trackback | Comments(0)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31