フィルムについて

針穴写真を始めた一番最初はポラロイドを使っていた。
今ある正方形のが撮れる80シリーズじゃなくて
最初のポラロイドの針穴写真キット。
ポラロイドの利点は、とにかくすぐに結果が見られるところ。
そりゃ、デジカメにはかなわないけど、デジカメじゃないんで。
見てすぐに撮り直したり、アングルを変えたり、露光時間を変えたりできる。
これで随分、勉強になった。
でも、高いんだよね、ポラロイド。
この値段と、それからあっという間に色が変わっていってしまうところと、
焼き増ししたり引き伸ばしたりが簡単にできないので
フィルムが使える針穴写真をやりたかった。
それで、HOLGAだ。

もし、HOLGAと相性が悪かったら、
きっと今私は針穴写真を撮っていないだろう。

さて、フィルム。
昔の普通の全自動のカメラを使っている時から
私は妙にフィルムが気になっていた。
たかが記念撮影やスナップのために、フジとコニカとコダックとの違いを
試したりしていた。
んで、フジは嫌いってなったのだ。
なんというか、発色がよすぎてウソ臭いんだもん。
けっこうコニカが好きだった。
コダックとの違いもなんとなくあって、行く場所で替えたりしてた。
それと、妙にAGFAが好きだった。
被写体にある色と、AGFAが絶妙の味を出した時の、ハッとする感じが好きだった。

c0016712_18473314.jpg


HOLGAに最初に入れたのは、コニカだったな。
自然に普通の色で派手過ぎず地味すぎず、今でも好きだ。

でもやっぱりAGFA。
このAGFAのブルーの妙な派手地味なところ、
ビックリするような鮮やかな赤。
泡沫(うたかた)のような非現実感が漂う赤。

AGFAの赤とコニカミノルタのSINBIの青。
この2つが今一番のお気に入り。




HOLGA/AGFAのリバーサルISO100/約2秒
トラックバックURL : http://hariana.exblog.jp/tb/359149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y_ok70 at 2005-02-02 21:28
僕はよくアグファを使っています。
アグファにかかわらず、ハリアナって条件がきまるとすごい発色しますね。
僕は去年の秋一度だけ自分でも驚くぐらい鮮やかなハリアナ写真が撮れました。
しきはんさんの写真は青がきれいですね。
Commented by しきはん at 2005-02-03 11:40 x
>y_ok70さん
うんうん、針穴って驚くような発色をビタッ!と決めてくれる時がありますよね。
陽射しだったり空気の薄さとか時間とか温度とか
いろんな条件が作用しているように感じます。
これを計算でできるようになれればいいな〜といつも思いますが。
by hariana_no_kokoro | 2005-01-19 18:59 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31