モノクロでも逆光

モノクロが続いているのは、
この前大量に溜め込んでいたモノクロをやっと現像したから(苦笑)。
今日は、湯島天神。
ちょうど私立中学受験前だったこともあり、
狭い境内は合格祈願の人で混雑してました。
屋台も多く出ていて、
寒い空気の中、屋台からの湯気がほわほわと上がってた。
そんな参道に置いて針穴。
モノクロでも逆光、面白いですね〜。

c0016712_1657257.jpg


肝油ドロップ缶/フジフィルムネオパンアクロス4×5サイズ/30秒くらい




昨日、東京都写真美術館でマイケル・ケンナの写真展を見てきました。
いや、まぁ、自分のモノクロのところに書くなよ!と、突っ込んでおきます。
トラックバックURL : http://hariana.exblog.jp/tb/4067181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by igossouLA at 2006-06-26 17:10
おもしろい!
光の穴に吸い込まれていくみたい。
Commented by Shin. at 2006-06-26 21:37 x
キョ~レツな寫眞ですね!
この光の筋はなんというんですか?逆光のときに出ますね。
この光線がなんとも力があってイイ感じです(^^)v
Commented by ぱぴこ at 2006-06-26 22:29 x
こんばんは。
不思議な写真!光の筋のせいなのか、世界がぐにゃっっとした感じに見えますっ。

マイケル・ケンナ写真展、昨日までだったんですねっ。涙。
ああっ。すっかり出遅れてしまいましたぁぁ。しょぼーんっ。
Commented by しきはん at 2006-06-27 00:14 x
>igossouLAさん
そうですね。出ているというより、吸い込まれている感じがしますね。
Commented by しきはん at 2006-06-27 00:18 x
>Shin.さん
ありがとうございます。
逆光の時にい出るこの手の光は、フレアーっていうらしいですよ。私も詳しい事はよくわからないんですけど。
Commented by しきはん at 2006-06-27 00:20 x
>ぱぴこさん
ぐにゃっとして見えるのは、フィルムをぐにゃっと湾曲させているからなんですよ。
空き缶自体もUになってますけど、さらに湾曲させるために内側の端っこが持ち上がるようにしてあるんです〜。

マイケル・ケンナはきっとまたやりますよ〜。
Commented by kaki528 at 2006-06-27 01:01
すごい すごい
このまま吸い込まれていきそう
はりあなならではですね☆
Commented by しきはん at 2006-06-27 12:00 x
>kaki528さん
ホントに、針穴ならではですね〜。
Commented by Shin. at 2006-06-28 01:50 x
こんばんは。
フレアーっつーんですね、こういうのは。フレアーとかゴーストとかよく聞きますが”良くないもの”くらいにしか捉えておりませんで。
自分で撮った寫眞にもこのフレアーがでてて良くないなぁと思っておりました。
でもこのモノクロ寫眞のフレアーは”あり”ですね!と思っておる次第です。
Commented by しきはん at 2006-06-28 02:16 x
>Shin.さん
そうですよね。よくレンズのインプレッションとか、写真の批評などで、ゴーストが出る、とか、フレアーが出てしまった、とか書いてありますよね。
フレアーも好き好きだと思いますよ。
by hariana_no_kokoro | 2006-06-26 16:56 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(10)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30