自分でプリント

c0016712_17251923.jpg


モノクロだと自分で現像して、プリントできるんですよね。
それなりの材料や設備がいるのだけれど。

私がいつも現像に出している街の写真屋さんはちょっと不思議な店です。
裏通りにあって目立たないような感じなのに、
お店にいると、次々とお客さんが入ってきます。
小さいオフィス街の裏通りの写真屋さんなので、入ってみるまで
「こういうお店はどんどん潰れちゃうんだろうな」って勝手に思ってました。
近所に時間が売り物のプリントサービスの店がガンガンできていたし。
でも、商売っていうのはちゃんとプロの技を持っていれば、
わかる人が自然と寄ってくるものなのですね。

この店は先代のご主人が、焼きのプロ!だったそうで、
当時はプロの方も含めて、このご主人に焼いてもらいたい!ってお客さんが
沢山来ていたそう。
そのまま息子さん達が受け継いで、今に至っているわけです。
なので、この店に来る人は近所の人ばかりではなく遠くからもやって来ます。
そんな事情をまったく知らない私はたまたま飛び込んだわけで、
ラッキーとしか言えません。

さて、そんなお店ですから、お客さん同士の交流も盛んです。
その中でも私は針穴写真ですから、異質な存在。
それが幸いして、あっという間にお仲間にしてもらいました。

その中のお一人、Kさんが自分の事務所を改造して
完全な暗室対応にセッティングしてあるんですね。
皆さんに「一度、モノクロを自分でプリントしてみな〜」と言われ
Kさんのところで言われるがままに焼いてみたのが、今日の針穴写真。
大人の科学の付録カメラにイルフォードというフィルムを使いました。

現像はKさんに完全にお任せして、説明をしてもらってから
自分で焼いてみました。
引き伸ばし機にフィルムをセットして
真っ白の印画紙に大きさやピントなどを合わせる。
印画紙の号数や、時間などもKさんのアドバイスに従う。
真っ暗の中でスイッチを押し、さっと液にくぐらせる。
ふわっとなにか像が浮かんだなって思ったら
次の瞬間は一気に画像が広がる。
もう、その瞬間の、何とも言えない感覚。
これはやってみなきゃわからない感動。

印画紙の号数や、焼く時間を微妙に変えるだけで
全然違った画像が現れる。
何回も、何回も同じものを焼いてみる。
ちょっと濃く、ちょっと薄くって。
時間はあっという間に過ぎ去ります。

あー、ウチにも、暗室が欲しい。
引き伸ばし機が欲しい〜って叫んじゃいました。

現像段階でもう一度写真を撮る、という意味が
自分でやってみて初めてわかりました。
焼く時のイメージをちゃんと肝に据えて、モノクロは撮らなきゃなって
心底思います。
それだからこそ、モノクロは難しいなぁって思うわけです。

というわけで、ご好意の上にあぐらをかいて、
明日またKさんの事務所にお邪魔します。
この写真屋さんお客仲間のもうひとりと一緒に。

しかも、前回は35mmだけだったのに、
今回はブローニ用の引き伸ばし機も倉庫から出してくれたとのことで、
初めてブローニも焼いてみます。
できたら、覆い焼きとかいう技術も見せてもらおうかと
図々しいことを企んでいます。
トラックバックURL : http://hariana.exblog.jp/tb/854660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from crazycrawler.. at 2005-02-25 23:24
タイトル : 引っ越し問題
就職のため、春から東京(たぶん…)にお引っ越し。 大阪に無いものが多くあるので楽しみな部分もあるけども、 住宅環境が悪くなる事請け合いなので基本的にはあまり気乗りがしない。 で、友達はどうしようとか…一人暮しには何が要るんだろうか…とかはさておき。 今悩んでるのがこいつを持っていくかどうか。 ちなみに暗室用品は無い。と言うか買い揃える度胸と金が無い。 フジ引伸ばし機S690デラックス これを偶然手に入れた当時の私の予定では 就職したら暗室用品を揃えて実家にちょっとした暗室を 作る...... more
Commented by yusuke at 2005-02-25 23:48 x
暗室繋がりでトラックバックさせていただきました。
良いお店ご存知なんですね、羨ましいです。モノクロって難しいけど暗室作業面白いでしょ。ほんのちょっと条件変えるだけで写真の印象が全く変わったり、うまい人が焼くと恐ろしくきれいになったり、私の中ではほんとビックリ箱です。せっかくだから存分に楽しんできちゃってくださいませ。
Commented by hydrogenoxide at 2005-02-27 00:02
今日は初めて自家現像しました。
6*18cmのフィルムをプリントするのは難しそうなので、フィルムスキャナで読み取ってPCでプリントします。
Commented by maehashi3 at 2005-02-27 10:34
高校の時、私も一度経験しました。
まさに「焼く」という感覚、とても新鮮でした。
今となってはなかなか味わえない感覚ですが、
本当に良いお店を見つけられましたね。
そういう巡り合わせになっているんですよ、たぶん(笑)。
Commented by goose at 2005-02-28 13:57 x
暗室作業は学生のころチヘドはくくらいやりました。
もっとも写真は写真でも顕微鏡写真でしたが。
追い焼き(覆い焼き?)なかなか楽しいですよ。
わざとらしくならない程度に収めるのが難しいですが。

私の知り合いの写真屋さんは、もう暗室つぶして
物置にしてしまってました。うらやましいなあ。
Commented by しきはん at 2005-03-01 18:35 x
>yusukeさん
TBありがとうございます。ホントに上手な人が焼くと全然別の写真になるのでビックリです。毎度毎度感動させてもらってます。

>hydrogenoxideさん
フィルムスキャナってどうですか?私も導入を考えているんですけど値段に開きがあって今ひとつ選びきれてません。

>maehashi3さん
本当によいお店です。いつも写真についての基礎から物の見方まで、本当にいろんな事を勉強させてもらっています。

>gooseさん
顕微鏡写真の暗室作業ですか?なんか想像つかないのですが暗室作業に慣れているのが羨ましいです。覆い焼き、おもしろかったです。追い焼きなのかな?どっちだろう〜?
Commented by hydrogenoxide at 2005-03-02 23:19
ブローニーに使えて、手頃な値段だとエプソンしか有りません。あとは、フラットベッドスキャナも安いので、置き場所に不自由しなければ選択肢になりますね。ただ、フィルムスキャナよりピントが合いにくいみたいです。
Commented by goose at 2005-03-03 09:18 x
スキャナはエプソンのF3200というのをつかっています。
機能的には中途半端なんだろうけど、一応4x5まで読めるし
なにより小さくて場所とらないところが気に入ってます。

暗室では6x9くらいの大きさのシートフィルム(モノクロネガ)から
キャビネか6切に伸ばしてました。結晶とかが写ってました。
5時間くらいこもって300枚ほど焼いて酢酸くさくなって
まわりから避けられたのもいい思い出です。
いまはもうデジタルなんだろうけど。

当時は写真なんて興味もなかったので、
いまから思うともったいないです。
大学の暗室なんてかなり自由にというか勝手に使えたのに…。
Commented by しきはん at 2005-03-03 12:13 x
>hydrogenoxideさん
やっぱりエプソンですね。MacOS9.2にも対応してるしOSXにも対応してるし6万円以下ですしね。真剣に検討しようかなぁ。今後のコストパフォーマンスを考えて。

>gooseさん
こちらもエプソンですね〜。個人で使うにはこのぐらいで充分なのかも。
5時間で300枚ですかっ!すごーい。この前の私は4時間で3枚ですよ。しかも6×6を4切にするだけ。
今は顕微鏡もデジタルなんでしょうね。
見えた!パシャッ!モニターで拡大!って感じなのでしょうか。
暗室をふんだんに使える環境っていいなぁ。今頃になって学生時代に写真部に入っておけば良かったと思っています。
by hariana_no_kokoro | 2005-02-25 17:45 | 雨の針穴 | Trackback(1) | Comments(8)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31