カテゴリ:個展など展示関係( 18 )

あら、今年初めてですね。
って、もう2月だ。
すみません。
今年もどうぞよろしくお願いします。

今年の頭に東京の東側、小伝馬町にお引越しした
Ronee247 fine artsでグループ展を行います。

第二回「はりけん研究発表展」
2月21日(火)〜3月5日(日)*月曜日休廊
12:00〜19:00(最終日のみ16:00まで)


私の在廊日は

  • 2月21日(火)12:00〜19:00
  • 2月25日(土)12:00〜15:00
  • 2月26日(日)12:00〜19:00
  • 3月1日(水)12:00〜19:00
  • 3月4日(土)12:00〜19:00
  • 3月5日(日)12:00〜16:00

です。お待ちしています。

前回から約1年ぶりの展示です。
前回の展示以降の撮影会での作品を中心に展示します。
私は、小さめなものを5点展示する予定です。

その展示作品の中から、今日は、これを。


c0016712_10424784.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/1分ぐらい

これは、静岡県の三島にあるクレマチスの丘です。



お庭にたくさんある彫刻で針穴してて、
この階段も展示物のひとつです。
なんて事のない階段の写真ですが、
階段のステップ、青空、壁、少し見える緑、影のラインが
自分ではお気に入りです。
額装すると、さらに良さが出た、と自分では思ってます。

今回展示はしませんが、クレマチスの丘というと、
ここで写真撮る人が多いですね。


c0016712_10504053.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/8秒ぐらい


とても気持ちのいい撮影会でした。
被写体も多く、自然もあるし、食べ物も美味しかったので
また行きたいと話しています。
花の時期が有名ですが、それだと混雑しちゃいます。
ゆっくり散策したり写真を撮ったりするには、
あえて花のない時期を選ぶのもいいですよ。






by hariana_no_kokoro | 2017-02-15 10:54 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(4)


調布文化会館たづくりでの展示
「ピンホール写真展〜やわらかな光、ゆるやかな時間」。
長〜いと思っていた展示期間も無事に終わりました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
今日は、展示を振り返ってみます。

今回のグループ展は、企画会社があり、そこから声をかけていただきました。
レビンソンさんも大木さんももう長く存じ上げておりますが
ご一緒するのは、初めてでした。
でも、グループ展というよりも、それぞれ個展って感じで
一度に3人の個展を見るという展示でした。
3人それぞれのアプローチで、楽しんでいただけたかと思います。


今回、私は壁面が4枚とのことで、壁ごとに組写真にしました。
「夕暮れにひとり」「蒼い影」「硝子越しに」「針鉄の旅」です。

「夕暮れにひとり」は、空が夕焼けに染まらなくても
夕暮れ時に撮ったものでまとめました。

夕暮れ時に針穴するのが、とても好きです。
露光時間が長くなるので、予期せぬ画ができあがります。
針穴写真の好きなところで、長時間露光があります。
夕暮れ時はそれを思いっきり堪能できますね。

そん中の一枚。


c0016712_20322566.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

これは、今年の1月にアメリカ西海岸アナハイムのディズニーランドの入口で撮りました。
ディズニーランドには入ってません。
三脚を立ててじっとしているので警備員に「何してんだ?」と
不審者扱いされましたよ。

もう一枚。


c0016712_20351658.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

これも、今年の1月に入ったアメリカ西海岸のハンティントンビーチ。
この日は、太陽が沈む前は金色に輝いていたのに
水平線近くに分厚い雲が出てきて、予想外に綺麗な空にならなかった。
で、撤収しようと思った時に、自分の手が赤くなってて、空を見上げたら
なんとも言えない色に。
慌ててもう一度三脚を立てて撮りました。
16分間の空の変化を一枚に流し込め、実際の空よりもドラマチックに撮れたと思います。

この壁面は、マットを黒色で、切り口も黒にしました。
額縁も黒です。

写真を展示する時に、黒マットで切り口黒は、難しいとか、珍しいとか言われますが
私は、好きです。実際、よく使います。
特に、針穴写真は周辺光量が落ちているので、写真からマットと額縁が
延長線に繋がるように感じられます。
さらに、今回は、夕暮れなので、普通よりも周辺光量落ちが激しく
周辺が黒くなりがちなので、マットの黒と繋がりやすかったと思います。
それと、マットを黒にすることで、針穴カメラの内部を想像してもらえたらと
思ってこの展示方法を選びました。


「蒼い影」。
この壁面は、サイアノタイププリントで展示しました。
なので、データにしてないので、ここに表示できません。
今回展示したサイアノタイププリントは、
フィルム原版でプリントしたものと、
デジタルピンホールで撮影し、ピクトリコのネガシートにプリントしてから
サイアノタイププリントをしたものとを混在させました。

私は、デジタルも否定しません。
デジタルならではの使い方もしていきたいと考えています。
でも、ただデジタルで撮るだけじゃつまらないなと思うので、
あえて、古典的な技法であるサイアノタイププリントで仕上げました。


「硝子越しに」は、
窓からの風景や、窓そのもの、窓が印象的な場所などでまとめました。


その中の一枚。

c0016712_20502733.jpg
ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分ぐらい

これは、山形の旧県庁舎。
窓から見える煉瓦造りの建物と、窓にかかるレースのカーテンを撮りました。

もう一枚。


c0016712_20542042.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/1分ぐらい

これは、今年の1月に行ったアメリカ西海岸、
マリーナデルレイ近くのホテルの窓から。
別にどうってことない普通の窓だけど、
隣の酒屋の看板と椰子の木が窓から見えたので。

針穴写真の特徴の一つに、パンフォーカスがあります。
手前も奥も同じように写る。
それを利用して、窓も窓枠も窓周りも窓の向こうの景色も撮ります。
いつも、その窓辺に佇んでいる、そういう空気感や質感を大切に
撮るようにしています。


「針鉄の旅」。
針穴写真で鉄道の旅情を撮るとか、針穴カメラを持って鉄道の旅に出ようとか
そういう意味での造語です。
少しずつ鉄道の旅をして、その先々で鉄道に乗って旅をしたいなと
感じてもらえるようなものを目指して撮ってます。
中でも今回は、走っている車両からのものでまとめました。


c0016712_21112623.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい

鉄道の旅に出ると、乗った路線の先頭か後ろでこれをやります。
のんびりしたスピードでも針穴で撮るとすごい疾走感。
それと乗っている感がよく出るので、好きです。

もう一枚。


c0016712_21134899.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい

これは、赤い鉄橋を通過中に撮ってます。
なので、赤い筋のようなものが写っているのです。


さらにもう一枚。

c0016712_21145379.jpg

ほるちゃん/FujiChrome タングステン/1分ぐらい


これは、雨のゆりかもめ。
しかも、レインボーブリッジの下を通過中です。

針穴写真の苦手なところに、動きがあります。
動いているものはうまく写らない。
でも、それはデメリットでもあるけど、同時にすごいメリットにもなるのです。
例えば、風で揺れる木々、歩く人、船からの景色、などなど。

針穴写真の苦手なところをあえて使って、針穴写真でしかできない表現を考える。
そういうことも考えて撮ってます。



今回の展示で、私の中で撮りためている幾つかのアプローチを
少しまとまった形でお見せすることができました。
また、針穴写真でできることの可能性や多様性も提案できたらいいなと
考えて、これらのテーマを選びました。
長時間露光、パンフォーカス、動き、プリント方法。
針穴写真という道具を使って、どう表現するか、何を伝えたいか、
その辺りも感じてもらえたらいいなと思っています。

それと、実は今回はそれぞれの組写真の中に、人影を入れています。
4つの壁面に共通して、人の気配を感じさせる、を密かに表現してました。
裏テーマって感じですね。

以前から私の展示を見ていてくれてる方には、
今回、何かが違うと言われることが多かったです。
それは多分、人という存在だと思います。

いつもの海辺に人を一人立たせるだけで、
今まで私が撮ってきた海辺とは
ほんの少し違ったニュアンスを紛れさせることができたと思ってます。
全部に入れるつもりはないけれど、
数枚に主役ではない人を入れることで、より印象に残ったらいいなと
考えて写真を選びました。


一人でも多くの人の中に針穴写真が残るといいな、
一人でもやってみたいな、と思ってくれるといいな、
実際にはじめてみたって人が増えるといいな、と思ってます。

今回の展示場所は、
市役所や図書館に来た人がついでにふらっと立ち寄ってくれることも多く
普段は写真を見ない人、全く撮らない人とお話しすることもあり
私も新鮮でした。
写真ギャラリーでやるのとはまた違って、楽しかったです。

ありがとうございました。













by hariana_no_kokoro | 2016-06-05 21:43 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(2)

「第一回 はりけん研究発表展」が無事に終わりました。
たくさんの方に足を運んでいただき、ありがとうございました。
今回の展示したもののなかで、質問や感想が多かったもの。

c0016712_21105826.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/1分ぐらい


埼玉の行田に古代蓮を針穴しに行ってきたときの一枚。
どんより曇っていて、それでいて明るめで、人も少なく、蒸し暑い日でした。
この後、案の定雨が降ってきたのでした(苦笑)。
この写真は、この雲の妖しい雰囲気と、眼が覚めるような鮮やかな蓮の花の色。
真ん中が明るい針穴写真ならではの
まるで花にスポットライトが当てられているかのよう。
実際のプリントは、もっと妖しさが出ています。

もう一枚は、

c0016712_21143553.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/20秒ぐらい


これは、隅田川の水上バスの屋根にある甲板。
橋を通過する時間よりも露光時間が長いので、
青空と雲と橋の筋が流れるように写り、
橋のくぐった向こう側のビルの景色がくっきり。
まるでタイムマシンで移動先の世界が遠くに見えるよう。
って、タイムマシンに乗ったことはないですけどね。

蓮の花のスポットライトのような効果も、
空と橋の通過も、実は全て計算して撮っています。
特に水上バスは、乗るたびに違う露光時間や景色で
何度も試しています。
そういう積み重ねたものの上にある一枚です。


てなわけで、今年は8月の日本針穴写真協会会員展からはじまり、
9月は、名古屋。10月は四谷。11月ははりけんと、
怒涛のような後半でした。
グループ展とはいえ、それぞれの雰囲気などを考えて
見せる写真を選び、見せ方を考えていたので
終わってみるとけっこう疲れてます。

それぞれの展示に本当に多くの方に足を運んでいただいて
ありがとうございました。
実際にプリントしたものを見ながら話をさせていただくのは
本当にいい時間です。
気づきと糧をもらうことができます。
展示は大変ですが、出会いもあったり広がったりと
一人で撮っているだけではわからないことがありますね。
本当に、ありがとうございました。

今年は一人で撮りに行くことも少なかったので
近年稀に見るフィルム消費量の低さです。
来年はもっともっと撮りたいですね。

来年も、日本針穴写真協会の会員展は行う予定です。
あと、四谷での写真アートTOKYO も行う予定。
それとは別に、4月から1ヶ月ぐらいの3人展に呼ばれています。
これがけっこう準備が大変そうです。
本当は、そろそろ個展がやりたいのですが、来年は無理かなぁ。




by hariana_no_kokoro | 2015-12-03 21:25 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(4)

またもや展示のお知らせ


いや、本当に、更新してないのに、またもや展示のお知らせで
申し訳ありません。

こうやっている間に、どんどん針穴では撮っていて、
スキャンもマメにしているのに、更新できてない。
見せたい針穴写真はたくさんあるのに〜。
すみません。

てなわけで、『写真アートTOKYO 2015』に小品を10ほど出します。


c0016712_2224388.jpg



10月21日(水)〜27日(火)
10:00〜18:00(最終日は15:00まで)
飯田弥生美術館ギャラリーです。
24日(土)16:00〜はレセプションも行います。

四谷駅からとても近いのです。
針穴写真は私一人だと思います。
サイアノタイププリントを初めて出します。

私の在廊日は、22日(水)14:00〜、
24日(土)、25日(日)は終日、
最終日27日(火)は終日いる予定です。
最終日27日(火)は13:00〜いる予定です。

お待ちしております!
在廊中、どうぞ気軽に声をかけてくださいね。

by hariana_no_kokoro | 2015-10-11 22:11 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(5)

ご無沙汰して、さらに展示のお知らせですみません。

毎年8月に開催している、日本針穴写真協会の『会員展2015』が
今年も開催されます。


c0016712_20261537.jpg

会期は、8月26日(水)〜8月30日(日)。
10:00〜20:00(最終日のみ16:00まで)と、
平日でも仕事帰りに立ち寄れる時間を設定しています。

場所は、東京メトロ東西線 東陽町駅から徒歩10分弱の
江東区文化センター 展示室です。


c0016712_20262263.jpg

今年は国内外からの作品が約60点ほど展示されます。
これだけの数の針穴写真を一度に見られるチャンスはそうそうないです。
個性的、バラエティに富んでて、力作ぞろい。
まだまだ暑い最中ですが、ぜひ足をお運びください。

私は、この案内状の右上の横長のモノクロを出します。
あと、大小取り混ぜた組写真を1組み。

今日、この額装が出来上がってきたんですが(ぎりぎりですが)、
額装がめっちゃかっこいい(苦笑)と、自画自賛です。
もちろん、今年もひとひねりしてありますよ〜。
個展などと違ってまとまった数が必要ないので、
こういうひねった額装にも挑戦できるってもんです。
ぜひぜひ、見に来てくださいね。

私は、26日(水)、29日(土)、30日(日)に会場にいる予定です。
お待ちしています!!


(予告)
この後、グループ展が続きます。
9月は名古屋で、昨年も参加した「創作ピンホールカメラとその写真展 12」に出します。
これも面白いグループなので、楽しみです。

10月は四谷にある飯田弥生美術館ギャラリーで「写真アートTOKYO 2015」に参加。
これもいつもとは違う作品づくりを考えていますが、果たしてどうなることやら。

11月は四谷三丁目のギャラリー、ルーニィでの針穴研究会という講座の発表展。
展示場所は、クロスロードギャラリーになります。
こちらは、1年間生徒さん2人と月に一度行ってきた撮影会での作品を展示します。
同じ場所でも視点が違う、カメラによって画角が違う、など
楽しんでいただけるような展示にしたいと思っています。



by hariana_no_kokoro | 2015-08-22 20:41 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(0)

針鉄の旅の途中ですが、久しぶりに関東以外でのグループ展に参加するので

そのお知らせです。

場所は、初めての名古屋!

『創作ピンホールカメラとその写真展11』に参加します。

7月2日(水)〜7日(月) 11:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

名古屋の国際デザインセンター4階デザインギャラリー


タイトルの通り、ピンホールカメラの創作がメインで、

写真は、その作ったカメラで撮ったもの、です。

創作、といいますが、もはや工芸品とか現代アートとか造形物の世界ですよ。

「え?これのどこで撮るの?」と思うようなものばかり。

毎年開かれていて、私は何回か見に行っていたんです。

おもしろいんですよ。

たんに写真展じゃなくて、本当にカメラが力作ぞろい!


で、ちょっとしたはずみで(苦笑)、今年は参加することになりました。

とはいえ、私は造形物はできないので、リムジンホルガでの参加です。

この会場の中では、かな〜り地味なカメラになると思います。

でもリムジンで撮った作品を3点展示する予定です。

関東以外ではほとんと展示してきてないので

ぜひ、見にいらして下さいね。

私は、初日はいる予定です。


会場は矢場町なので、栄も近いので便利です。

矢場とんを食べなきゃ!(笑)。
by hariana_no_kokoro | 2014-06-07 21:24 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(2)



久しぶりに、展示のお知らせです。

日本針穴写真協会では、8月28日(水)〜9月1日(日)に

会員展を開催します。

場所は、地下鉄東西線東陽町駅から徒歩10分弱にある

江東区文化センターの展示室とロビーです。


c0016712_214648.jpg




今回は会場が両方とも同じ期間中押さえることが出来ず

展示室は8月30日(金)まで、

ロビーは9月1日(日)までです。

時間はどちらも10:00〜20:00で

それぞれの最終日は16:00までになります。


多種多様な針穴写真を一度に見ていただくことができます。

たくさんの刺激を受ける時間になると思いますので

ぜひ、足を運んで下さいね。

ちなみに、31日(土)には「針穴写真の撮影と現像」の

ワークショップもあります。

先着20名で、参加費は無料です。

真っ白な印画紙から現像液の中で像がふわっと浮かび上がってくる瞬間は

何度見ても感動します。

ぜひ、このチャンスに体験してみて下さい。



私は展示室には私史上最高に最強に爽やかな作品を展示します。

本当に自分でも信じられないほどの爽やかさです(笑)。

私にもこんな爽やかな作品が作れるんだとびっくりしました!(苦笑)


ロビーにはちょっと並べ方に工夫をした組写真を展示します。

両方見ていただくには平日に来ていただかないとダメなので

できたら、頑張って平日に来ていただけると嬉しいです。

とはいえ、ロビーだけでも見ていただけたら嬉しいので、

週末にもお待ちしております。

全部の日程で私は会場にいる予定です。

お昼を食べに外に出たりすることもあるかと思うので

見当たらなかったらスタッフに聞いてみて下さい。

初めての方でもどうぞ遠慮なく、声をかけて下さいね。

お待ちしています!
by hariana_no_kokoro | 2013-08-17 20:52 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(0)




第5回 針穴魂 『私の中の東京』 は、無事に終了しました。

針穴魂としては、今年でいったん休止となります。

私も中村さんも針穴写真をやめることはないので、

別の形でそれぞれお目にかかっていけると思います。

終わりは終わりではなく、新しい始まりの、始まり。

針穴魂としての経験はきっと自分の中で活かされていると思います。




もともと、5年をひと区切りにという約束でスタートした

この「針穴魂」というユニットは中村さんから声をかけていただいて、

基本二人がいれば「針穴魂」でそこに誰かに入ってもらったりしようということでした。

フューチャリングって感じですね。

毎年、きちっと年の初めにテーマを決めて、ルーニィに予約をしに行く。

作品の内容、フォーマット、展示方法、等含めて

出たとこ勝負ではなく、それなりに足並みを揃えることをしてた。

普段、一人でやるなら設営の当日まで迷っていてもなんとかなるけど

誰かとやるなら、そうはいかないですからね~。




それと、個展をやるほどまとまってはいないけれど、

ちょこっとまとまっているのを実験的に見せたいなんてものを

ちょろっと出せたりできるのはグループ展ならではでした。

そんなわけで、今年はモノクロを6点出しました。


自分で作った針穴で撮影して、自分で現像して、自分で焼いた

すごいね、フィルムを作ると印画紙を作る、以外は

全部自分の手でできてしまう。

工程に携われるというのは、モノクロの本当の良さだね。

今日は、そのモノクロをUpしつつ、書いて行きますね。



c0016712_836555.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/20秒くらい



いつも設営する時は緊張する。

本当にこの作品たちで良かったのか?

もっとやることがあったのでは? 枚数は足りてるのか?

サイズはこれで良かったのか?

今回も設営しながら自問自答しつつ、手は動かす。




c0016712_8431070.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/20秒くらい



設営が終わってしまうと、ホッとします。

それなりに、ベストを尽くしたという手ごたえが目の前に並ぶのは

文字通り実感するという感じ。



それでも、初日はまた緊張。

誰も来てくれなかったどうしよう?とか、

足を運ぶだけ無駄だったと思われたらどうしよう?とか。




c0016712_845878.jpg



はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/40秒くらい



それでも、少しずつお客様がいらして、お話ししていくうちに

落ち着きます。

今回は、8月の会員展で作品を見て来てくださった方や、

いつもブログを見ていてくれて札幌から来てくださった方などいらして

びっくりするやら、うれしいやら。




c0016712_8475177.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/20秒くらい



中でも一番びっくりしたのは、

もう何年前でしょうね~、アサヒカメラの月例コンテストに投稿していて

その時に同じようにファーストステップに投稿していて

その当時から私の針穴写真を気になってみて下さってた方が

来てくださったこと。

いやぁ、びっくりしました。


ブログを見て下さってきてくれたり、Flickrを見てて来てくださったり、

会員展、アサヒカメラの月例時代と、

少しずつ少しずつ出してきていた事が、形になっているんだな~と

嬉しい実感をいただきました。

本当に本当にどうもありがとう。



c0016712_8511248.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/60秒くらい



「最近、ブログの更新が遅いですよね~」と頻繁に言われてしまい、

お恥ずかしい限りです。

こことFlickrは大事にしているんですが、

落ち着いてUpできない日々が続いていて申し訳ないです。

もうちょっとまめに更新したいと自分でも思っています。



c0016712_925650.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/40秒くらい



今回、初めて数点まとめてモノクロを出しました。

「新しい芸風」って言われた言葉と

「ぞくぞくするね~」って言われた言葉が

かなり嬉しかったです。


モノクロは実は撮っているし、現像もしてるし、引き伸ばしもやってます。

でもなんだろう、敷居が高いと感じているので

なかなか堂々と出せずにいたんですが、

今回、テーマとモノクロとがちょうど合って、

うまくトーンを合わせて焼けたので、出してみました。

いつか、モノクロだけの個展もやってみたいです。



最後に、本当にいつもありがとうございます。

実際に会ってお話しできた方、ブログを見て下さってる方

応援してくれたり、コメントくださったり

いつもいつも本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。
by hariana_no_kokoro | 2011-09-29 09:44 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(2)

個展の日々〜その1

先週、

今週と、鉄分補給してきましたよ。

そして、明日は針穴魂の設営です!

私は7日(火)、8日(水)、11日(土)、12日(日)に
終日ギャラリーにいる予定です。

針鉄の旅でもなく、近所愛の針穴写真でもない、
別アプローチの針穴写真を見に来ていただけたらうれしいです。




さてさて、7月の個展期間中に撮った針穴写真を。

まずは、個展会場。


c0016712_234138.jpg



肝油ドロップ缶(兄)/Fuji Chrome Velvia ISO50/8分ぐらい



いただいたお花を針穴。


c0016712_2361750.jpg



はりほるちゃん69ver./Fuji Chrome Velvia ISO50/8秒くらい



夕焼けの光がホントにきれいで、個展期間中
この光とこのお花で針穴するのが好きでした。
by hariana_no_kokoro | 2010-09-05 02:38 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(2)

ありがとうございました

c0016712_153442.jpg



はりほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



遅くなりましたが、7月25日(日)、「水の流れる町で〜その3」は
無事に終わることが出来ました。

多くの方にホントに暑い中いらして頂き、感謝しております。
ありがとうございました。
また、遠くから応援して下さった方もありがとうございました。

隅田川カメラオブスキュラがことのほか好評でうれしかったです。
あのギャラリーを大西さんにいただいて、初めて打ち合わせに行った時から
このギャラリーから見える景色を絶対に展示の一部にしたい!と思って
考えたのがカメラオブスキュラとして見せる、でした。
単純に、針穴カメラの仕組みと捉えている方も多かったですが
たまに展示作品の1つとして見てくれる方がいて
それもうれしかったです。

個展をやるたびに思うことは、縁ってあるんだなぁってこと。
針穴写真を始めたきっかけも、こうやって続いてることも
いろんな人が足を運んでくれることも
このブログを見てもらえてることも
いろんなことが、縁で繋がっているんですよねぇ。
今回の深川フォトセッションも深川番所さんとも本当に縁だしねぇ。

目に見えない何かに導かれて後押しされて
今の私がいます。

本当に、多くの方に、日々のいろんなことに、偶然の出来事に
感謝して、感謝する心を忘れずに、
これからも針穴写真を撮って行こうと思っています。

本当に、本当に、ありがとうございます。



展示の様子などは「きは讃岐うどんのき」を、どうぞ〜。



それから、あまりにもエロなコメントやトラックバックがあって
それらを目にするのもイヤな気持ちになるので
承認制にしました。
コメントの反映まで時間がかかってしまいますが、どうぞご理解下さい。
by hariana_no_kokoro | 2010-08-01 02:02 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(10)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro