カテゴリ:晴れの針穴( 92 )

歩く人

佐倉ふるさと広場のすぐそばに印旛沼に流れ込む川があります。
川面の近くにまで降りてふと上を見上げると
土手の上を歩く人が夕陽の光の中に見えました。


c0016712_15085955.jpg

ほるちゃん66ver/イルフォードPANF PLUS ISO50/3秒くらい



本当は、3秒止まっててもらったんですけどね(笑)


by hariana_no_kokoro | 2016-11-20 15:13 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(2)

揺れる秋桜

春は桜、夏は向日葵、秋は秋桜を撮りたいんです。
今年の春は、桜をほとんど撮れなかった。
天気と休日と満開がうまく合わなかったから。
夏の向日葵は、全然撮れなかった。

てなわけで、秋桜ですよ。
いいお天気と休日と満開が見事に合いました。

向かったのは、佐倉ふるさと広場
ここは撮りやすいです。
他にほぼ何もないので、人が長く滞在しないから
撮りたい場所も少し待てば迷惑にならずに撮れます。
三脚も立てられるし、柵もないので撮りやすいです。
ただ、電線と鉄塔があるので、
これと光の向きをどうするか、が考えところかな。

久しぶりに、多重露光してみました。
鉄塔が影絵のようですな。

c0016712_22192994.jpg

肝油ドロップ缶(兄)/コダックT-MAX ISO100/5秒+5秒くらい


この場所は、夕暮れも有名です。
横の印旛沼と風車を入れて夕焼けを撮るのが定番のようですが
針穴にはちょっと厳しいですね。
なのでここで夕暮れを待ったことなかったんだけど、
今回は、待ってみました。
思ったほど空は焼けなかったけど、
夕暮れの空気、揺れる秋桜がにじんで私は好きです。
鉄塔と電線も入れてみました。


c0016712_22200929.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/4分ぐらい


肝油ドロップ缶で撮り終わって立ち上がったら
「それ、ピンホールですよね?」と声をかけられました。
怪訝な顔されながら見られることはあっても、
あんまり声をかけられたことがないので、ちょっとびっくり。
「初めて撮ってるところ見た!本当に空き缶なんですね!」と言われたので
少し立ち話をしました。
一人でも興味を持ってくれる人が増えるといいな〜と、思います。
彼女、このブログ、見てくれてるかな〜











by hariana_no_kokoro | 2016-11-16 22:54 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(0)

ガラス越しに

四谷三丁目にあるギャラリー「ルーニィ」で、針穴写真研究会という講座を開いています。
毎月1回の撮影会と、その時の写真を持ち寄っての講評会をしています。
随時、参加される方を募集しています。

5月の撮影会は、新宿御苑で5月7日(土)に行います。


今日の写真は、その撮影会で東京モノレールの乗って降りてをした時のもの。


c0016712_21035238.jpg
ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/2分ぐらい

天王洲アイルにある駅ビル(になるのかな)で、撮りました。
針穴写真は手前も奥もピントが来るパンフォーカスなので、
こういう借景というか窓越しの景色を撮るのが好きです。

今回の調布での展示にもこういうのでまとめた壁があります。
フレーム・イン・フレームという感じですが。
その場所の奥行きや、影になっている部分を想像したり、
その場の空気や雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。



で、その調布で、17日(日)にワークショップを行いました。
午前は子供の部、午後は大人の部。
こちらで用意した空き箱に、ピンホールをその場で開けて取り付けて
直接印画紙で撮影し、暗室で現像してネガを作ります。
そのネガを印画紙に密着反転し、現像するという2時間です。

針穴作りも、それほど精度は求めず
薄いアルミ板にブスッと針で開けてちょっと紙やすりでならすのみ。
皆さん意外と綺麗な穴ができました。

雨女なので、ワークショップのお天気はなかなか恵まれません。
今回のは、その中でも稀に見る悪天候でした。
台風のような強風と豪雨。
外での撮影なんて、できませんよ。
雨は降らなくても、この強風だけで空き箱カメラが吹っ飛びます。
てなわけで、急きょ用意した小さな造花とかビー玉とかコップとかを
窓際に置いて撮影。
パンフォーカスなので、手前のモチーフも窓の外の景色も写ります。
皆さん、いい写真ができました。

なんどやっても暗室作業は楽しいですね。
参加した方は「家でもできる?」「家でどうすればいい?」
「押入れは?」「物置ならどう?」など聞いてきます。
どこでもできます。
ただ、ちょっとしたコツや慣れや知識が必要です。
今回の会場、調布文化センターには立派な暗室があります。
こういう施設があるとワークショップをするのも楽です。
でも、本当は、誰かの家や教室などを使って
みんなで暗室を作るところからやrワークショップができたらいいな
と、思います。
作りながら、コツや知識を説明すれば、
家に持ち帰って試してみる人が出てくるかもしれない。
引き伸ばし機がなくても、
密着反転なら電気スタンドでも工夫すればできるよって
実際にやって教えてあげたい。

と、ワークショップをやるたびに感じます。
ワークショップで得た感動や驚きが冷めないうちに
自分の生活の中でできたら、
針穴写真を続けていく人が出てくるかもしれないなって思います。



さて、展示のお知らせです。
さらに在廊日を追加しました。

c0016712_21194977.jpg



ピンホール写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間
エドワード・レビンソン大木靖子/遠藤志岐子

会期:4月9日(土)〜5月22日(日) *4月25日(月)・26日(日)休廊
時間:10:00〜18:00
会場:調布市文化会館たづくり1階 展示室

正面の吹き抜けのホールをエスカレーターに向かって右手に細い通路があります。
トイレなどがある通路です。
そこを抜けて右手に進むと展示室があります。
ちょっとわかりにくいのでご注意を。

私は40作品ほど出します。未展示のものが9割ぐらいになります。
「針鉄の旅」「蒼い影」「硝子越しに」「夕暮れにひとり」と
4枚の壁を4つのテーマにしました。

この先の在廊日は、4月23日(土)、29日(金祝)は、10:30から最後まで
5月11日(水)は13:00頃から最後まで、それぞれ在廊予定です。
会場内で見かけたら、遠慮なく声をかけてくださいね。
お待ちしています。


赤い安全光の下での作業は本当に楽しい。
時間を忘れるほど。
暗室の独特の空間、現像液の匂い、酢酸の匂い、
どれもとても愛おしいです。

私にこの時間、この愛おしさを教えてくださった栗原さんは
残念ながら今年の1月に亡くなってしまいました。
それ以来、暗室に入るたびに、栗原さんを思います。
なんで死んじゃったの?
栗原さんがいたら、もっと暗室に入れたのに。
なんで死んじゃったの?
と、暗室の作業をしながら反芻します。

ワークショップで暗室作業の説明をしながら、
質問を受けながら、自分と栗原さんに問いかけます。
栗原さん、私はあなたに教わったことを
ちゃんと人に伝えられているでしょうか?と。

by hariana_no_kokoro | 2016-04-20 21:31 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(0)

今年最初の針穴写真

また少しご無沙汰してしまいました。
1月には、またロサンゼルスに行ってきました。
現像が上がってきているのでまたそのうちに。

今日は、今年最初の針穴写真を。
1月3日に大好きな富浦にある原岡海岸に夕暮れ時を目指して行ってきました。
ちょっと雲が多めで、キラキラする夕暮れにはならなかったけど、針穴始めとしては良かったんじゃないかな〜と思います。
針穴始めには、やっぱり肝油ドロップ缶で。



c0016712_21210729.jpg

肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/4分ぐらい


すごく拡大すると桟橋の向こうに富士山のシルエットも写ってた。
これを写している時は、このあとすぐに栗原さんが亡くなるとは思ってなかったなぁと気がつきました。
自分のためにも、栗原さんのためにも、今年も針穴写真をたくさん撮るぞ!





by hariana_no_kokoro | 2016-02-11 21:28 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(0)

良いお年を!


一年があっという間です。
今年の反省。
環境が変わったとはいえ、撮った枚数が例年より著しく少ない。
相変わらず、ブログの更新頻度が少ない。

以上2点を深く反省いたします。

というわけで、少ない枚数の中から、年末に合いそうなものを。


c0016712_21141876.jpg

ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分くらい


日本針穴写真協会の撮影会で水元公園に行ったんですよ、12月に。
で、水元公園の隣の駅が柴又なので、軽く柴又散策。
ぐるっと歩いて駅前に戻ってきたら、ちょうど夕暮れで
寅さんの像の背景が夕暮れ空だったのです。
雲がどう動くかな〜などと考えながら、とったら、これですよ。
寅さん、後光が差してるよね。
てなわけで、なんとなく年末年始のめでたさな感じがしたので
今年最後の写真にしておきます。

来年、もうちょっと心、入れ替える。
だって、門司港に行ったのも、蔵王に行ったのも、左沢線に乗ったのも、
山形で良い建築を見たのも、とかなんとかかんとか、
全然、Upしてないんだもんねぇ。

今年はスキャンは真面目にしているんですよ。
でも、スキャナーがいよいよダメになりつつあるんですけど。
今まではスキャンがめんどく臭くて更新が滞っていたのだが、
今年は、スキャンしてあるのに滞る。
ダメダメでした。

そんわけですが、今年一年、ありがとうございました!
来年も懲りずにどうぞ宜しくお願い致します。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。



by hariana_no_kokoro | 2015-12-28 21:21 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(2)

世界ピンホール写真デー



今年も世界ピンホール写真デーがありました。
毎年4月の最終日曜日にピンホール写真を撮ってサイトにアップするだけ、
という、ゆるいイベントです。

でも、サイトを見ていただくとわかるけれど、
このギャラリーにアップされている世界中のピンホール写真をみているだけで、
なんだか、凄い!って気持ちになります。

知らない国の知らない誰かが、時差はあるけど同じ日にピンホール写真を撮っている、
このゆるくて細い繋がりが自分にも繋がっていると思うだけで
とてもいい気持ちになってくるのです。


この日、私は日本針穴写真協会撮影会で撮りました。
場所は、石神井公園です。
昨年秋の撮影会も石神井公園だったのですが、その時は土砂降りになってしまって
この公園の良さをあまり感じることが出来なかったのですが、
いいお天気の世界ピンホール写真デーでは、石神井公園の良さを満喫。
4月だけど、まさに「風薫る五月」って言葉がぴったりでした。
いい公園ですね。

新緑に太陽の光が透けて、キラキラピカピカしてて、
風が吹くと木々や葉っぱがざわざわっと揺れて、風が渡って行くのが感じられる。
光の暖かさ、明るさ、緑のきれいさ、風を感じながら撮る針穴写真は
露光時間中、この時、この瞬間、
世界のどこかで誰かも針穴を開けているのかと思うと
心が解き放たれて行くのをビジュアルで想像してしまいます。


c0016712_12372350.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


木々が深く、影が濃くて、森林浴の気分になります。
ゆっくり歩く散歩道、すれ違う人と声を掛け合ったり、
お弁当を食べている人を見たりすると、いい休日だなと思います。


c0016712_12373344.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/6分ぐらい


空の青さ、新緑の緑、水面を渡る風の音、鳥の鳴き声に、家族の話し声。
見上げた時に揺れる葉っぱに春の風を見た。


c0016712_12365595.jpg

肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/40秒ぐらい


世界ピンホール写真デーのサイトにはどれをアップしようか凄く悩みましたが
今回私がアップしたのが、これ

ぜひ、世界ピンホール写真デーのギャラリーで、
いろんな国のいろんな人のいろんなピンホール写真を見てみてください。

by hariana_no_kokoro | 2015-05-07 10:49 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(4)

ピースボート船内見学会




日々、スキャンをちょっとずつ進めているので

ようやくこのブログでは秋に突入しています。

さて、昨年の11月にピースボート船内見学会に行ってきました。

船は本当にダメなので(そこらのボートでも乗り物酔いする)

世界一周を検討するのではなく、どんな船なのかな〜が目的です。

当然、針穴したんですが、この日は強風で思ったようには撮れませんでした。


でも、こうやって撮ると大海原を航海しているような

そんな感じがしませんか?


c0016712_20101677.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/4秒くらい



青い空に万国旗の色が映えます。



c0016712_20114790.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/4秒くらい



船内のあちこちにはこうやってテーブルと椅子があって

休憩もあり、旅の相談もありでした。



c0016712_20122954.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



こうやって、デッキから世界中の海が眺められたら

それはそれで贅沢な時間の過ごし方なんでしょうねぇ。



c0016712_20132593.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい


船酔いしなければ小笠原諸島に行ってみたいのですが

それはきっと夢の話。

だからといって、小笠原諸島に飛行機を飛ばして欲しいとは

思いません。

いつか、船酔いして現地で3日ぐらい寝込んで

たくさん滞在して、船酔いして帰ってきて3日ぐらい快復期間、

そんな休暇時間が取れたら行ってみたいですね〜。
by hariana_no_kokoro | 2014-02-12 20:16 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(4)

晩夏の海へ。その3



もう12月ですね!いやぁ、あっという間だわ。

こんなに時間が早く過ぎていいのか?

今年撮った針穴写真はまた今年中には出せないな〜。

てなわけで、晩夏の海が好きだ、という話の続きです。

房総半島の海へ出かけたなら、夕焼けはここで見たい!です。

これで4回目?かな、5回目かな?

この日もいい夕暮れ時を過ごせました。

夕暮れ時を針穴するのが大好きです。

海でも街でも山でもどこでもね。でも一番好きなのは海だ。


c0016712_1417244.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/40秒くらい



ここは車でも電車でも行きやすくて本当にいいですね〜

駅なら富浦駅。海岸は駅から徒歩5分ぐらいです。原岡海岸。

木更津の海中電柱の風景もいいけど、この板の桟橋が続くここもいいです。


c0016712_1417864.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/40秒くらい


ところで、その木更津の海中電柱ですが、どうやら撤去が始まっているようです。

できたらこの風景は残して欲しいと思うのだけれど、どうなんでしょうねぇ。

まぁ景色だけのために残すのは無理な気もしますけれど。



c0016712_14164476.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分くらい


木更津の海中電柱での針穴写真はこちら。

そういえば、他にも撮ってるけどUpしてないな。

なんかの機会にまた出そうと思います。
by hariana_no_kokoro | 2013-12-01 20:05 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(2)

晩夏の海へ。その2



明治村に行った針穴写真が続いていますが

ちょっと気分を変えて晩夏の海へ行った針穴写真を。

今日は、御宿海岸です。

御宿と言うと「月の沙漠」発祥の地として、ちょっと有名。

なので、こんな銅像がいます。

こういうのってちょっと残念な物が多いという記憶ですが

御宿のこれは、予想以上に良かった。

なんだろ、この良さは。



c0016712_16454745.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


海岸と空と砂浜とのコントラストがいいのか、

とにかく、自然でなんか良かったの。


てなわけで、アップで。



c0016712_16455363.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


御宿に行ったら、笑ってないで記念撮影しておけ!と言いたいです。


御宿の海岸は砂がすごく白かったです。

狭すぎず広すぎず、いい海岸でした。



c0016712_16455853.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


御宿海岸、これはぜひとも季節を変えて通いたい海岸になりました。

電車だと、五井から小湊鉄道といすみ鉄道を乗り継いでいくと

楽しいルートになりそうっすよね〜。

御宿の詳しいことは、こちらをどうぞ
by hariana_no_kokoro | 2013-11-17 20:42 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(4)

晩夏の海へ。その1



川や海で針穴するのが好きです。

空や水の表情が一度として同じことはないところと

動きがある風景を針穴すると自分が見ている風景とは

また違ったものがフィルムに流し込まれるから。

そんなかでも、晩夏の海が好きなんです。

海水浴客はもういないし、でもまだ水にも入れるし、空は夏と秋が混在して

いいですよね〜。

てなわけで、今日はその晩夏の海を。

まずは、九十九里海岸のどこか(苦笑)。


c0016712_8425530.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい



海は湘南もいいけど、房総の広い海が好きです。

どかーんとしているので、道路も海岸も人がまばらです。


波打ち際を人が歩いているのに、人の影は写らなくって

足跡だけが波打ち際に残りました。

現像が上がってきて初めて気がつきました。

こんな効果、初めて出た。

また狙っちゃうかも、といっても狙ってもなかなか撮れないんだよねぇ。


c0016712_843432.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/4秒くらい



このあとは、夕焼けを目指して、いつもの海岸へ向かいましたよ。
by hariana_no_kokoro | 2013-10-15 20:42 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro