カテゴリ:デジタル針穴( 6 )


今までにも何回か、デジタル針穴で撮ったものを出してきましたが、
久しぶりに、そのお話を詳しく。

使っているのは、人から格安で譲っていただいた
オリンパスPENのEP-1の初号機。
で、これに装着している針穴は、
Pinwideという海外のメーカーのものです。
これの、マイクロフォーサーズ用を使っています。

今までのデジタル一眼レフや、フィルムカメラの一眼レフだと
ボディキャップにピンホールをつければ、
まぁ、撮れるんだけど、でもなんとなく面白みがない、
そんな感じなんですよね。
これは多分、穴からフィルム面またはCCD面までの距離があるので
広角に撮れないからなんとなく面白みがない、
ってところにつながるのかな、と
私自身は解釈していました。

で、ミラーレスですよ。
ミラーがない分、ボディキャップにピンホールをつけても
今までの一眼レフよりは、フィルム面やCCD面までの距離が短くなり
広角になりますね。
このPinwideはサイトを見ていただくとわかるように
すり鉢状になっていて、針穴がボディキャップにつけるよりも
さらにCCD面に近づいているのです。
より広角になる、というわけです。

このデジタルのミラーレス一眼にとりつけるための
すり鉢状にする工作が自分ではできなくて
悩んでいたのですが、
先日、知人から「Cマウントを使うんだよ」と教えていただきました。
とはいえ、Cマウントがなんのことやらわからないのですが(苦笑)。
わかったことは、Cマウントはそこにレンズをつけるための穴が空いていて
その穴にはスクリューの溝が切ってある。
なおかつ、その穴は通常のボディキャップよりも
窪んだ位置にある、ということ。
で、そのCマウントの穴をふさぐボディキャップのようのものがある。
しかも、それを通常の表側からふさぐのもいいけれど
裏側からもスクリューだからねじ込めるんだよ、ってこと。

そうです。
Cマウントをミラーレス機に取り付ける前に、
裏側にCマウントのボディキャップに針穴をつけたものを装着すれば
すり鉢状のように、CCD面に落とし込める、っていうわけです。
しかも自作で!
てなわけで、やってみました!


c0016712_21041685.jpg

左上:Cマウントのボディキャップにリーマーを使って穴を開ける
左下:針穴作成中(アルミ空き缶を紙やすりで削って薄くして待ち針で穴を開けます)
右上:左がCマウント。右がリーマーで穴を開けたCマウントのボディキャップ
右下:Cマウント裏側に針穴をつけたCマウントのボディキャップを装着


おぉ、これなら広角になる〜!と思ったのもつかの間、
裏側にボディキャップをつけたCマウントがPEN EP-1のボディにつきません。
ボディキャップを正しい位置につけたCマウントはちゃんとつくのに。

裏側につけたCマウントのボディキャップの出っ張りが
オリンパスのCCDの前の四角くカットしたボディにぶつかりはまらないのです(涙)。
知人に見せてもらった富士フィルムのミラーレス機にはついていたのに。
うーん、残念。
これは、カメラ本体の形にもよるみたいです。
富士フィルムのはCCD前のボディの空間が丸のままなのかも。

で、仕方ないのでCマウントに通常のつけ方で針穴をつけたボディキャップを装着しました。
それでも普通のボディキャップに針穴をつけるより広角なんです。
で、Pinwideで撮ったものと比較してみます。

まずは、Pinwide。

c0016712_21043727.jpg

ふむ、まぁ、こんな感じです。

で、同じ位置から、Cマウントの表側に針穴をつけたもの。


c0016712_21043316.jpg

めっちゃ、望遠!ほぼ標準に近いかも。
Pinwideとの針穴の距離は1cmちょっとの違いしかないのに、
この画角の差!
周辺光量落ちもPinwideの方が落ちてますね。
わかりやすい。
これがね、Cマウントの裏側につけられると、ほぼPinwideと同じような
画角になるんだよね〜。


ミラーレス一眼を持っていて、
ボディとCCDの間の形が四角じゃなきゃ、Cマウント、いいと思います。
ちなみに、Cマウントってピンキリなんですよね。
下は2000円以下から、上は7万円なんてものまで。
こんなお遊びに使うものなので、ヨドバシなどのカメラ屋さんではなく
アマゾンで買う方が安いです。
そんで、Cマウント用のボディキャップは、3つで300円以下ってのも
探し出してそれにしました。(だって穴を開けちゃんだもん)

今回できちゃったちょい望遠気味のも
撮り方や使い方によっては面白い作品が作れそうな気がします。
Pinwideと並行して使って行こうとは思っています。

デジタルで針穴をいつもと同じように撮っても
私はあんまり面白くないと感じています。
でも、それでもデジタルを拒否するつもりはないので
デジタルならではの使い方をいろいろ模索しています。

まぁ、フィルムがあるうちにフィルムでたくさん撮っておきたいですね。





by hariana_no_kokoro | 2015-06-24 21:34 | デジタル針穴 | Trackback | Comments(2)

すみません!!
本当に、更新が滞ってます。
この分だと、今年中に今年撮ったものが終わらない。

てなわけで、もろもろありまして。
ロサンゼルスへ行った針穴写真もまだ途中ですが、
まずは、会員展が無事に終わった話。

今年の作例はこんな感じ

私の針穴写真はけっこうキリッとしてるというか、ぼやっとしたとこがない。
そこを敢えて、ぼやっと撮るのではなく、額装で表現できないかってことで
今回のプリント + アクリルプリント + アクリルプリント
という組み合わせ、してみました。

で、見られなかった人へ。
「写真アートTOKYO 2014〜7人の作家が紡ぎ出すオリジナルプリントコレクション」
というグループ展で展示します。
その他、額装に凝った物を私は出すつもりです。
お時間のある方は、ぜひいらしてください。
そして、お買い求めいただけると嬉しいです(笑)。


会期:11月7日(金)〜11月16日(日)*月曜日休廊
時間:11:00〜19:00(最終日のみ16:00まで)
会場:GALLERY BEE & ROSE

*11月8日(土)15:00〜レセプション行っています。
会期中、在廊日は少ないですが、このレセプションの日はいます。


さて、今日はいいお天気でした。
そんな中、人の動きを針穴で撮りたいという生徒さんの撮影会。
私は自分の修行も兼ねてオリンパスのミラーレス一眼で
デジタル針穴。

場所は、新宿です。
私は影をメインに撮ってみました。


c0016712_22495622.jpg



PEN-E & Pinwide/ISO800/ 300分の1ぐらい



今日は本当に影がきれいでした〜


c0016712_22495155.jpg



PEN-E & Pinwide/ISO800/ 300分の1ぐらい


太陽のフレアのなかの人影。


c0016712_22494760.jpg



PEN-E & Pinwide/ISO800/ 300分の1ぐらい


こんなシャッタースピードを使ったり
その場に合わせてISO感度を変えたり
撮ったその日にこうやってネットにUpできたり、
これらは、デジカメならではですね。


ところで、四谷三丁目のギャラリールーニィでも
針穴研究会という講座をやっています。
基本は半年1クールなのですが、チケット制も導入しました。
撮影会(第3土曜日)+ 講評会(第1金曜日)の1セットからでの
チケット制です。
どうぞお気軽にご参加して頂けたら嬉しいです。
詳細は、こちら!
by hariana_no_kokoro | 2014-10-19 23:01 | デジタル針穴 | Trackback | Comments(6)

梅雨が明けましたね


お暑うございます。

ってどころじゃないですよね、暑すぎ!

そんな暑い中、今日は浅草での撮影指導でしたが、

あぢぃぃぃぃぃ〜!

しかし、浅草は平日だというのにすごい観光客でした。

外国の方の方がたぶん多い、だろうな〜という印象。

雷門の前では記念撮影オンパレードですね。



c0016712_20391039.jpg



オリンパスPen-EにPinwide装着/ISO400に設定/1.5秒



浴衣姿の人がいるな〜と思うと、体験で着ている外国の方だったり

外国の方だと思って声を掛けると日本人だったり(苦笑)。

そして、浴衣姿なのにスニーカー率が高い。

まぁ、それでもこの暑さの中、浴衣を着ようと思って実行するだけ偉いね〜。

暑さ凌ぎには、こんなシンプルなアイスキャンディーが染み渡ります。

ごちそうさまでした。



c0016712_20424733.jpg




オリンパスPen-EにPinwide装着/ISO400に設定/1.5秒


しかし、変な色の輪っかが出てるな〜

こういうの、フィルムでは出ないので、デジタル特有なものなのかな。

なにせ、デジタル、というかカメラってさーっぱりわからないので(苦笑)。

ま、これはこれでいいか。


こんな梅雨明けした関東での浅草針穴でした。

デジタルはタイムリーに出せるのが最大の利点だね〜。

次こそは、今年の1月に行ったアメリカ西海岸を!
by hariana_no_kokoro | 2014-07-22 20:46 | デジタル針穴 | Trackback | Comments(0)


今日は久しぶりにデジタルピンホールカメラで撮ったものを。

初代のオリンパスPEN-EにPinwideというピンホールをつけて撮っています。



で、私には人数は少ないですが、生徒さんがいます。

その生徒さんの一人の方のリクエストで、東京の町中で人の動きを捉えたい

というのがありまして、春から銀座や渋谷の人ごみで道行く人を撮り続けています。

とはいえ、偶然その場に居合わせた通行人をとらえるわけですから

なかなか思った通りにはいきません。

光、背景、洋服の色、動き、影など様々な要素を瞬時に判断し

ピンホールで印象に残るような、人の動きが描き出す光と影を写したい。

人の動きを想像し、歩くスピード、その日の天気や、時間帯を考えたり。


ハードル、高いっすよね。

それでもその生徒さんが「これは!」と思えるようなものを

数枚は撮れています。

私も頭の片隅で、こういうのやってみたいと思いつつ

集中してやったことはなかったので、生徒さんと一緒に試行錯誤。

私も久しぶりにネガを使ったりしてます。

ISO400を使って、露光時間1秒〜2秒が理想です。

で、思い出したのがデジタルピンホール。

そうだ、これがあったじゃないか。

生徒さんと一緒に、とは言っても全く同じことをする必要はないので

ほるちゃんで1本撮ったらデジピンを使ってみてます。


てなわけで、今日のくっそ暑い渋谷のスクランブル交差点。



c0016712_2156295.jpg



オリンパスPEN-EにPinwide装着/ISO400/1秒


もうちょっと人の手が動くとか、バックの反射が波打つといいんですが。



でね、今日は風船にGoPROをつけて交差点を行ったり来たりしてる人がいて

生徒さんが声をかけて話をして風船を持って交差点を歩いてくれるように

交渉している間に、私は風船をデジピンで針穴してました(笑)。



c0016712_2156893.jpg



オリンパスPEN-EにPinwide装着/ISO400/1秒




c0016712_22362154.jpg



オリンパスPEN-EにPinwide装着/ISO400/1秒



この絵、できたらポジで撮りたかったな〜。


あとで生徒さんに「ずるいじゃないですか〜、人が交渉している横でこっそりと〜」

と、怒られてしまいました(苦笑)。


c0016712_21561473.jpg



オリンパスPEN-EにPinwide装着/ISO400/1秒


手持ちで撮っているのでいつもの私の写真よりもボケてます。

ボケと言うか、ブレですね。

でもこのブレも含めて、人の動きを針穴写真ならではの表現ができたらいいな〜と

思っています。




ちなみにお教室は日本カルチャー協会というところで持ってます。

詳しくは、こちらをどうぞ


グループでの参加も、個人でのマンツーマンでも対応してます。

10月からは四谷三丁目のギャラリールーニィーでも始まります。

ルーニィのご案内は、こちらです!


今回ご紹介したような、明確な目的を持った撮影から、

とにかくよくわからないけど撮ってみたい、やってみたい

全くゼロから教えて欲しいなど、

いろんなケースに対応するよう努力してますので、どうぞよろしくです。
by hariana_no_kokoro | 2014-06-14 22:41 | デジタル針穴 | Trackback | Comments(2)

暗いライブで会場で

Fotolog時代からのお付き合いさせていただいている

JINMOさん。

そのJINMOさんを撮った4人の写真家の写真展に行ってきました。

石黒さんもFotolog時代からのお付き合い。

『We Shot JINMO』です。

板橋の住宅街。その民家の怪しい地下というか、床下の空間に

そのギャラリーはありました。

真っ暗な中、小さなヘッドライトや懐中電灯を渡され中へ。

空間に浮かび上がるJINMOさんの写真の数々。

写真展で写真を見るだけじゃなくて、見るための全ての行動や空間をひっくるめて

その場全部が写真展。

流れるJINMOさんの音楽と暗さと小さな灯り。

時間や上下、足下と頭上とか、そういうものがどんどん希薄に、曖昧になっていく。

そんなかなり異次元、異空間な体験をしました。


入口に座っていたJINMOさんを壁のライトをバックに、デジタル針穴。


c0016712_0435551.jpg



PEN-E針穴/ISO1800/30秒



その会場で、JINMOさんのギター演奏とパフォーマンス。

他のカメラの人のフラッシュと、懐中電灯やヘッドライトをいただきました。

低い天井にJINMOさんの影。



c0016712_0451243.jpg




PEN-E針穴/ISO2500/1分


さらに、たくさんの光源で遊ばせてもらった。



c0016712_0464496.jpg




PEN-E針穴/ISO2500/1分



いやぁ、デジタルならではってちょっと思った。

感度2500って(笑)。

フィルムだとこういう遊びをするのはちょっと勇気がいる。

撮ってる最中に確認して感度を変えたり、露光時間を変えたり

色々試すことができるのは、ホントにデジタルならではですね。

そして、これを撮ったのが3日(土)だってことも、デジタルだ。

撮ってすぐにUpできるのって、今までになかったことだな〜


We Shot JINMOは明日もやってます。

来週はまた趣向を変えた展示方法だそうです。

私は残念ながら行かれないのですが、興味のある方はぜひ。

同じ被写体を4人で撮ってるのが、とっても面白いです。

個性的なJINMOさんが4人の個性とのコラボでさらに個性的に。

面白かったです。
by hariana_no_kokoro | 2012-11-04 00:51 | デジタル針穴 | Trackback | Comments(0)



また、ごぶさたしちゃってますが、すみません。

相変わらず、スキャンをできてないのです。

あちこち行ったり撮ったりしているんですけど、鬼門はスキャン。

スキャンを寝ている間にやってくるようなおとぎ話の中の小人さんとか

いないんだろうか~。



さて、随分前って2年ぐらい前かな、そのぐらいに友人から

オリンパスのPEN-Eを譲り受けました。

で、FlickrでPinwideっていう針穴レンズ(レンズって言うのはおかしいか)があって

それを買ってみました。

あと、京都の知人からも手作りのPEN-E用の針穴レンズ(レンズじゃないけど)ももらって

これはもう、デジタル針穴やってみなきゃ、ならんかな?となりまして、

やってみたですよ。



まずは、PEN-EにPinwideを装着したもの。

といっても、針穴が開いているのでPinwideが入ってきた缶の蓋を

レンズキャップのようにつけてますが。

これは、iPhoneで撮ってます。


c0016712_1528151.jpg




で、このPinwideで撮ってみた。



c0016712_15292927.jpg



オリンパスPen-E針穴/ISO800/20秒



それから検見川にある美味しいインド料理屋さんシタールの店先で。



c0016712_15303816.jpg



オリンパスPen-E針穴/ISO800/20秒



どちらも三脚は使ってます。

ISOを自由に切り替えられるので夜には便利。

普段はISO50のフィルムを入れているので、夜に撮りたくなっても

露光時間が長すぎて断念することがけっこうあるので、

この点は、便利かな~と思います。


まぁ、こうやってちょっとずつ試してはいますが、

果たして、デジタルにピンホールをつけて撮る必要があるのか?が

今の自分の中での悩みどころ。

アートフィルターのような機能にピンホールモードが入ってるデジカメもあるしね。

なんか、どうなのかな~?という気持ちにはなっていますが

否定をする気持ちはないので、これからも試していこうとは思っています。
by hariana_no_kokoro | 2012-10-09 22:13 | デジタル針穴 | Trackback | Comments(4)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro