カテゴリ:松山ビル( 1 )

階段

3月に、三好心さんの写真展「ありがとう松山ビルさよなら三好心写真事務所〜そこに存在したモノ(前編)〜」を観てきました。
三好さんの作品は8 x 10のグループなどで観ていたのですが、個展初めて。
圧倒的に胸に迫ってくるものがあり、とてもいい作品を観させてもらいました。
このタイトルにもなっている松山ビル。
昔から、よくこの前は通っていて、存在は知っていたけど用事もないのに入れないなぁと思っていた。
このビル、残念ながら外観をベターっと茶色の塗料で塗ってしまってます。
塗らなきゃいいスクラッチタイルなのに。
でも、中はいい味でした。
こういう建物が大好きなのです。
そして、螺旋になっている階段も大好きです。
針穴させていただきました。



c0016712_21135837.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

階段のよく磨かれた手すりの滑らかさ、石のステップ、踊り場のタイル、縦長の窓。
うっとりするほどいい空間でした。

この展示で、三好さんの現像室も見られたのですが、素晴らしい空間でした。
機能的でコンパクトなのに広さを感じて、赤とグレーと黒に統一されてました。
うっとり。

では、もう一枚、階段を。

c0016712_21141285.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい

昔の建物は、細部までデザインされていて、作る側にも、作らせる側にもゆとりを感じます。
こんなビルで働けたら幸せだろうなぁと感じます。
残念ながら、道路拡張のため解体されてしまいます。
またひとつ、古くて素敵な建物が消えていきます。



さて、展示のお知らせです。
在廊日を追加しました。

c0016712_21194977.jpg



ピンホール写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間
エドワード・レビンソン大木靖子/遠藤志岐子

会期:4月9日(土)〜5月22日(日) *4月25日(月)・26日(日)休廊
時間:10:00〜18:00
会場:調布市文化会館たづくり1階 展示室

正面の吹き抜けのホールをエスカレーターに向かって右手に細い通路があります。
トイレなどがある通路です。
そこを抜けて右手に進むと展示室があります。
ちょっとわかりにくいのでご注意を。

私は40作品ほど出します。未展示のものが9割ぐらいになります。
「針鉄の旅」「蒼い影」「硝子越しに」「夕暮れにひとり」と
4枚の壁を4つのテーマにしました。

4月17日(日)には空き箱カメラを使った印画紙での撮影と現像のワークショップも行います。
午前が子供の部、午後が大人の部です。
午後の大人の部は、現在キャンセル待ちになっています。
午前の子供の部は、まだ少し空きがあります。

会期が長いので、在廊日をなかなか決められないのですが、
今のところ、4月9日(土)、10日(日)、23日(土)、29日(金祝)は在廊予定です。
これだけってことはないので、また決めたらブログに書いていきます。
会場内で見かけたら、遠慮なく声をかけてくださいね。

お待ちしています。





by hariana_no_kokoro | 2016-04-06 21:24 | 松山ビル | Trackback | Comments(6)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro