カテゴリ:その他( 29 )

栗原さんと出会ったのは、針穴写真を始めて間もない頃。ワタベカメラという写真屋さんで出会いました。
それから、モノクロの現像を教えてもらい、栗原さんの暗室でプリントや引き伸ばしを教えてもらいました。


c0016712_15224383.jpg


年に何回か、遠方への撮影旅行のお誘いがあり、毎回は行けなかったけれど、長野や日光に行きました。私の展示は個展もグループ展も全部見に来てくれました。一番最初の京都の個展には、車で来てくれて、帰りは額や荷物を積んで家まで送ってくれました。


c0016712_15205706.jpg


秋山庄太郎のポートレートを撮り、私が国展でお世話になった瀬尾ひろみ先生とも偶然繋がってました。中学生の頃からずっと写真を撮り、プリントし、多くの人に写真のヒントを教え、いろんな人を撮影に連れて行き、いいと思う場所を教え、夜通し車を運転し、お酒が大好きなのにちょっと飲むと眠ってしまい、バイクのツーリングが好きで、小学生の同級生と山に登り、私の雨女に負けず劣らずの雨男でした。


c0016712_15220204.jpg


私が針穴写真を始めてから今まで、ずっとずっと付かず離れずの距離で、常に私の写真を見てくれていました。展示には、必ず来てくれて、全部見終わった後、静かに「いいじゃない」って言ってくれていました。


c0016712_15281169.jpg


季節の移ろい、光の向き、感じる温度、物の位置、構図、配色、写真を撮る考え方、たくさんの話をしました。撮影に行くとコンタックスのコンパクトカメラでみんなの集合写真を撮り、人数分プリントして配ってくれました。ハッセルブラッドの単焦点で風景写真を撮るのが好きで、ここぞというところでは、4x5でじっくり撮っていました。車はずっとシトロエン。バイクはずっとBMW。現像液は継ぎ足し継ぎ足しして使うのが好きで、毎回新しい液を作る人と飲み会の席で議論になっていました。


c0016712_15261421.jpg


2014年の夏、針穴写真協会の会員展をいつものようにバイクで見に来てくれて、その時に咳をしていたので「どうしたんですか?風邪?」と聞くと「春頃から咳が出るんだよね。なんか炎症起こしてるみたいでさ」「病院は?」「うん、内科と耳鼻咽喉科に診てもらってるよ。そのうち治るよ」「でもあまり続くようなら大きな病院で診て貰えば?」と会話したのを覚えている。



c0016712_15221832.jpg



その年の秋、電話があった。「実はさ、癌みたいなんだ」その年の暮れ、手術をした。最初の病院では声帯も含めて全部とった方がいいと言われ、セカンドオピニオンの病院で、声帯は取らなくて大丈夫と言われた。声帯を残して手術した。2014年末、手術が終わって落ち着いた頃、病院でゆっくり話した。元気だった。退院したらどこに撮影に行くとか、今度プリントしたいのがあるから暗室に入りたいとか、そういう話をした。


c0016712_15230588.jpg


2015年春前、遠方への撮影旅行に誘われた。いつもの夜通し運転しての旅だった。でも私はちょうどタイミング悪く誘われた日程は無理だったので断った。「また、今度ね」「うん、じゃあ、夏前かな」。


c0016712_15185039.jpg


2015年夏、会員展を見に行けないと電話があった。むせて、ものが食べられなくて痩ちゃったから、体力戻すためにちょっとだけ入院するだよって話だった。お見舞いに行った。びっくりするほど痩せてしまっていた。でも、元気で、会員展を見に行けないこと、どんなの出すの?とか、秋のグループ展は行くよとか、冬にまた日光に撮影に行こうとか、そういう話をした。

2週間ぐらいの入院だって言ってたのに。結局、声帯周りに取りきれていなかった癌があり、その手術をすることになった。


c0016712_15191660.jpg



9月。もうこの病院でこれ以上治療できることはないと言われた。余命、4ヶ月。

転院した病院にお見舞いに行った。最近の写真を持って行き、筆談で写真の話をした。プリントしたいのがあるから、早く良くなってと言ったら、「ごめんよ、ごめんよ」と謝られてしまった。痩せて、驚くほど小さくなってしまっていた。

暮れにお見舞いに行った。もう筆談もできなかった。起き上がることも、座ることもできなくなっていた。薄眼を開けて私の顔を見て、私だとわかったかどうか。1時間以上ベッドの脇に座って、栗原さんの横にいた。一度だけ、しっかり目を開いて、手を握った。きっとあの時は、私だとわかってくれただろう。
病室を出る時、なんども振り返った。余命4ヶ月は、12月だった。もう一緒に暗室に入ることも、撮影旅行にも行けないだろう。これが最後かもしれない。そう思ってなんども振り返って病室を後にした。


c0016712_15195598.jpg


明けて2016年。この三連休でまた病院に行こうと思っていた。
今日、栗原さんの告別式だった。たくさんの人が参列していた。バイクのツーリング仲間は、みんなバイクで来ていて、バイクスーツで参列していた。写真の仲間、山登りの同級生、いろんな人が参列していた。

私は後悔でいっぱいです。
最初の手術から1年とちょっとしか過ぎてない。こんなに早く、こんなことになるなんて、思ってなかった。2015年春の撮影旅行に行けばよかった。もっと早く、暗室に入りたいって言えばよかった。
次でいいや、次があるし、また今度ね。そう思っていた。
でも、次も今度もなかった。ないなんて、思ってなかった。
栗原さんに写真を見てもらえない日が来るなんて、考えてもいなかった。
私の最初からずっとずっと見てくれていたのに。来年の会員展をどうしたらいいんですか。栗原さんと引き伸ばししようと思って撮ってきたモノクロのフィルムをどうしたらいいんですか。この先、誰が私の最初からのことを知っててくれるんですか。
一番最初の内科や耳鼻咽喉科を恨むよ。そこで、単なる炎症なんて言わないで、すぐに検査していれば。セカンドオピニオンの病院でも声帯も取りましょうって言ってくれてたら。

この先、どれだけ展示をしても、もう栗原さんに「いいじゃない」って言ってもらえない。いつだって、誰よりも栗原さんに見てもらいたかった。
栗原さんだけが、私が何をしてきたか、何を考えてきたかを知っててくれてたから。栗原さんと出会えなければ、もっと簡単なところで適当に撮って楽しんでただけだったかもしれない。今みたいにはまっていなかったかもしれない。栗原さんがいたから、今の私がいるのです。
でも、今の気持ちは、針穴写真を撮る気にもなれない、だけど、それは栗原さんが一番喜ばないこと。だから必ず撮り続ける。撮るのはやめない。展示もする。足は止めない。この先も、栗原さんの「いいじゃない」って声を思い出しながら。


c0016712_15291519.jpg

今日の針穴写真は、栗原さんと一緒に撮ったときのもの。ほんの一部。
栗原宏文さん、67歳でした。本当に本当に、ありがとうございました。

by hariana_no_kokoro | 2016-01-09 17:04 | その他 | Trackback | Comments(2)

文化放送に出ました

今日のブログの写真は針穴ではなく、iPhoneです。


おはようございます。
先ほど、文化放送「福井謙二のグッモニ」に出てきました。

文化放送は昔の場所から浜松町に移ってキレイなビルです。
上からの眺めは鉄的に、最高です!!


c0016712_09124673.jpeg

モノレールのカーブに、JRのたくさんの線路。
この近辺は新幹線もスピードを落としてるし。

放送でも触れましたが、私は朝は文化放送を聴きながらしたくして、電車でも聴いてます。
毎朝聴いてる大好きな番組に出られて楽しかったし、嬉しかったです。
番組の様子は、こちら


c0016712_09160416.jpeg


朝日の光と影が怖い記念撮影になってしまいましたが、まさに、記念になりました!
福井さんも水谷アナもめっちゃプロだわ。
って、素人の私に言われたくないでしょうが、プロって凄いなって、実感しました。

少しでも、針穴写真を知らなかった人に興味を持ってもらえたら、嬉しいです。
ご質問やワークショップなどのお問い合わせは、右側にある「お問い合わせ」からどうぞ。

で、番組内でも告知させてもらった展示のお知らせです。

c0016712_09182270.jpeg

11月19日木曜日から29日日曜日まで、
「第一回 はりけん研究発表展」を開催します。
時間は12時〜19時で、最終日は17時までです。
開催日程が木、金、土、日ですので、お間違えなく。
月、火、水はお休みです。

私の在廊日がでたらまたお知らせします。



by hariana_no_kokoro | 2015-11-06 09:10 | その他 | Trackback | Comments(0)

サイアノタイププリント



無事にNHK俳句の放送が終わりました。

収録中、緊張してないような気がしていたけど

放送を見たら自分が話したことを案外覚えてなくて

思った以上に緊張していたんだな〜と思いました。

俳句の季語の世界では日光写真が青写真とイコールというのは

まだなんとなく、違和感がぬぐえませんが、

日光写真の出来上がりが青い写真、というイメージなら納得できるかな。

てなわけで、放送に使用した日光写真に近いもので

サイアノタイププリントを久しぶりにやったのでアップしておきますね。



c0016712_15101752.jpg



サイアノタイプはキットも出てますが、やっぱり自分で薬剤を調合して

紙を作った方が、青の色がいいですね。

前に、針穴仲間とサイアノタイプをいろいろ実験した時に

薬剤が同じでも紙を変えると青の色がかなり変化することがわかりました。

自分の好きな青を作るためにどの紙を使うか、

そういう組み合わせのおもしろさもモノクロプリントと同じですね。

久しぶりにサイアノタイプをやってみて面白さを思い出したので

またちょくちょくとやってみようと思います。


で、このサイアノタイププリントのネガは、これ。


c0016712_1515171.jpg



ほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/5秒くらい


印旛沼に行った時に撮ったものですが、

日射しのわりには風が冷たくて、寒かったです。

で、そんな心をこめて作った俳句を放送で紹介してもらえました。

添削なしで「○」をいただいたんですよ。


冷えた空冷えた心と日光写真


打合せ中にお褒めの言葉をいただき、センスがいいと言われ

つい、その気になりまして(笑)、句会に参加させていただいてます。


この前、その句会に初めて参加したのですが

めっちゃ面白かった。

そこでもまた、センスがいいとかいろいろ褒めてもらったので(笑)、

しばらく続けるつもりです。


日本語は面白いです。

俳句という短い音数の中に言葉を納めるには

他の言い回しの日本語をたくさん知っている必要があります。

その言葉ひとつひとつを知ることが本当におもしろいです。

寒い寒い夜空の下でひとり夜空を見上げ誰かを想う

そういう情景に陥ることがありますが、

それを俳句にして句会で褒められたのがこれ。


凍て星にただ一心に君想ふ


これも、凍て星って言葉で寒い冬の夜空って意味になるんだから

おもしろいですよね。



削ぎ落として削ぎ落としていったそのあとに残るもの、

それを時間と空気感を混ぜてひとつにまとめる、

そういう作業が針穴写真を撮ることと、俳句を作ることが

似ているなぁ、とつくづく感じています。

最近撮ってないけれど、ブレンダーを撮る時の

3つのモチーフを1枚の中にまとめる、

あれが特に、俳句五七五という3ブロックをまとめる感じに

似ているなぁと思います。

ピンホールブレンダー、また撮り出そうと思いました。
by hariana_no_kokoro | 2014-11-24 15:31 | その他 | Trackback | Comments(0)

アメリカ西海岸のお話の続き。

私がいた時はとにかく風がすごいと連日天気予報で言ってました。

ということは、夕焼けがきれいなんですよ。

もう、海に行かない手はないですよね。

ハンティントンビーチの夕暮れを今日は1枚だけ。

夕焼け目指して、地元民も観光客もたくさん来てました。

みんなが水平線の向こうに沈み行く夕陽を見ていました。



c0016712_21492162.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分ぐらい






今日は、お知らせを。

って、最近お知らせばかりですみません。

えーと、テレビに出ます。NHKです。Eテレという昔の教育テレビです。

タイトルは『NHK俳句』。。。。え??でしょ。

ことの詳細は、こちらをお読みいただくとして。

俳句の番組に出るにあたって、俳句の勉強を付け焼き刃的ですがしました。

学校の授業とは違って、向き合い方が違います(笑)。

俳句、面白いんです。

季語と日本語の話は、上のリンクに書いたので、読んでね。

俳句についてお勉強している時に、

季節を知り、感じ、その場所の風景や情景を感じ、短い言葉の中に凝縮する。

短い言葉だからこそ、余白があり想像の余地がある。

そんなことを知りました。

針穴写真と似ている、というか、根底に共通することがあるように感じました。

季節を感じ、その場の情景や風景を、時間の経過と一緒に、心情も一緒に

針穴を通してフィルムや印画紙に流し込む、といつも思っているんです、私。

針穴写真を撮る時に使う脳みそと、俳句を作る時に使う脳みそが

とても近いような、そんな気がしました。

いつの日か、自分の針穴写真のタイトルやキャプションを俳句で表現できるように

そんな野望を持ちましたよ(笑)。

てなわけで、こっそり水面下で俳句のお勉強を続けていこうと思っています。

これまた、けっこう大変そうではありますけどね。
by hariana_no_kokoro | 2014-11-05 21:53 | その他 | Trackback | Comments(4)

気怠い空気



奈良の針穴写真が始まったばかりですが、

どうやら今年はここまでのようです。

来年もこんなペースで、当分、今年撮ったものがつづくと思いますが

どうぞよろしくお願いします。



で、今年最後は何にしようと眺めていたら

そういえば、こういうのも撮っていたな〜と思い出した一枚を。

できたらこういうもシリーズとして撮っていけたら良いなと思うのですが

なかなかチャンスがないんですよね。




c0016712_1437592.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/16分ぐらい



今年も1年、ありがとうございました。

また来年もよろしくお願い致します。

どうぞよいお年をお迎え下さい。
by hariana_no_kokoro | 2013-12-30 14:39 | その他 | Trackback | Comments(4)

節分も終わったのに

すみません、更新するネタがありません。

いえ、ちがいます。

ネタはてんこ盛りであります。

でも、スキャンしてないのです。

スキャン待ちをしてる山のようなフィルムたち。

スキャンするのを今しばらくお待ち下さいませ。


あ、そうそう、カメラライフvol.8が発売中です。

「針穴写真を始めよう」最終回ですのでぜひ、見て下さいね。
by hariana_no_kokoro | 2011-02-05 23:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

東京ジャーミー




そう言えば、東京ジャーミーに行ったんだった(苦笑)。



c0016712_2214113.jpg



はりほるちゃん/Fuji Chrome Velvia ISO50/4秒くらい




階段を上がり切った時、見える空間がステキだった。


c0016712_223982.jpg



はりほるちゃん/Fuji Chrome Velvia ISO50/20秒くらい



中に入ると、思わず歓声を上げたくなる空間。


c0016712_2244884.jpg



はりほるちゃん/Fuji Chrome Velvia ISO50/8分くらい




空き缶でも。



c0016712_226068.jpg



肝油ドロップ缶(兄)/Fuji Chrome Velvia ISO50/8分くらい



こういう形や物に魅かれます。


c0016712_2264949.jpg



リムジンホルガ/Fuji Chrome Velvia ISO50/4分くらい



東京ジャーミー、初めて行ったので興奮しすぎて針穴イマイチでした。
また次回にチャレンジしたいです。
by hariana_no_kokoro | 2010-11-23 02:30 | その他 | Trackback | Comments(0)
日本針穴写真協会の会員展は無事に終了しました。
ありがとうございました。
あれだけの数の針穴写真を一度に見られるチャンスはそうないですし、
針穴写真の自由さと奥深さと広さを感じていただけたかと思います。
たくさんの人が撮った針穴写真に囲まれていると、多くの刺激を貰えます。
見ているとわくわくしていろんなことを想像して、
次にどうしようとか、こんなことやってみたいとか考えます。
毎年、真夏のホントに暑い時期で、しかもお盆にかかることも多く
観にいらっしゃるのも大変かと思いますが、
来て頂ければ、何かを感じて頂けるのではないかと、思っております。
来年もぜひ楽しみにしていて下さい。

本当にありがとうございました。



またご案内になってしまいます。

針穴魂 Botanical Garden



c0016712_0172896.jpg



針穴魂。今年で4回目です。
今年のテーマは「植物」ということで、タイトルも Botanical Garden です。
今回はtearoomさんこと、大場典子さんも一緒です。

針穴魂 Botanical Garden

9月7日(火)〜12日(日)
12:00〜19:00(最終日のみ16:00まで)
Roonee 247 Photograpy

今回は毎日はギャラリーにいられないので
いる日にちが決まったらお知らせしますね。
よろしくお願いします。


しかし、なんか連日ご案内ばかりで、申しわけないです。
いやホントにねぇ、今年こんなにやるはずじゃなかったんですよねぇ。
5月の末からだから、毎月どこかで展示してる....。
来年はもうちょっとゆっくりしたいです。
ってか、もう、鉄分が欠乏〜〜〜!!!
ディーゼルの列車に乗りたい〜〜!
by hariana_no_kokoro | 2010-08-17 00:30 | その他 | Trackback | Comments(6)

一夜物語

針穴魂ももうすぐ。
9月の声を聞いた途端、うわっ!と思いました。
もう特に今の時点でできることはないんだけど、選んだ作品があれで良かったのか
うじうじと考えたりしちゃいます。
考えたところで、もうどうにもならないのですが。
いやいや、ベストな選択であったろうと信じることにします。

今回は、新作もありますが過去にflickrやここに出したものもけっこうあります。
webで出したものと紙焼きではやっぱり全然違うので、気分は全部新作って感じ。
モノって質感も大切だと思うのです。
紙焼きの質感をぜひ味わっていただけたらと思っています。

その過去の作品の中からこんなのも選んでみました。



c0016712_13153221.jpg




はりほるちゃん/FujiのISO800ネガ/約8時間



2004年に鴨川で撮った満月の光跡。
アサヒカメラの月例コンテストのファーストステップ部門で特選をいただきました。
特選をいただいたことよりも、私自身が針穴写真をやりたい!と思ったきっかけのイメージを
自分で実際に撮れることができた!という喜びが大きいです。

この作品は自分で焼いたことがなかったので、今回半切サイズまで大きくしてみることにしました。
5年も前の作品ですが、プロの手で大きく焼いてもらって、とても新鮮です。

満月の光跡にうっすらと照らし出される水平線、夜の海、岩場。
この辺に地球の「AQUA」を感じていただけたらと思っています。



この作品を撮った時に一緒にいた人にはもう会えないんだよなぁと思うと
ちょっとだけ、センチメンタル(苦笑)。
by hariana_no_kokoro | 2009-09-03 13:20 | その他 | Trackback | Comments(6)
今年も無事に会員展が終わりました。
見に来てくださった方、ありがとうございました。
会場でいろいろお話をさせていただくことで、たくさん勉強になりました。
スキャンをしたら、出品した作品をこちらにも出そうかな~と思ってます。
っていうか、スキャン、ものすごい量がたまってるんですよねぇ。
ど~すんだ、これ?っていうぐらい。

そんな状態なのに、第三回 針穴魂のお知らせです。




c0016712_1565979.jpg




表面の3分の2が水に覆われている、地球。
生命の源でもあり、とても身近な存在としての水。
今年の針穴魂は『AQUA』と題して針穴写真で水を綴ります。


9月の大型連休中なので、海外旅行に行ってしまってる人も多いのかなぁと
ちょっと日程をミスったかもと不安なのですが。

私は9月22日(火)、23日(水)、26日(土)、27日(日)に
会場にいる予定です。






c0016712_1514297.jpg





ようやく作品が決まりました。
by hariana_no_kokoro | 2009-08-28 15:14 | その他 | Trackback | Comments(6)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro