<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

夢路

c0016712_0373291.jpg


夢の中のよう。
砂と空と光と影。


PinholeBlender(ブレンダ)/コニカミノルタSINBI ISO200/全部3秒くらい



今年も見に来てくださってありがとう。
良いお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
by hariana_no_kokoro | 2005-12-31 01:00 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback | Comments(4)

光と影と砂の一日

c0016712_17404858.jpg


5時間ぐらいを鳥取砂丘で過ごした私。
きっと丸一日いても、毎日通っても飽きないだろうなぁ。
これは帰る少し前。
まもなく夕日。
赤く夕焼けになるのを期待したけど
この日は残念ながらほぼ白いまま。
しかも山の向こうに沈むので最後の色は見られませんでした。
もう少しアンダー目に撮れば良かったと後悔。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/20秒くらい



そして、どこでもやります、このシリーズ。
砂に足を取られ苦戦中の彼ら。

c0016712_17444276.jpg



こんなことをして過ごしていました。
Pinhole Blenderを持って歩いてるだけでも変な人に見えるのに
こんなことしてると、本当に変な人に見えるだろうなぁ。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/5秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2005-12-28 17:46 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback(1) | Comments(2)

砂丘の光と影

鳥取砂丘はすばらしかった。
もう1秒たりとも目が離せない。
風も強いし砂も痛いけど、自然が描く模様の美しさといったら。
そんな砂丘の雰囲気を興奮気味針穴。
おかげでできた写真はちょっと空回り気味。
旅先でも、気持ちを抑え落ち着いて、落ち着いて
って呪文を唱えないとダメだなぁ、私。

c0016712_19392252.jpg


砂丘の頂上まで昇るのはかなり大変。
でも昇るだけの価値がある。
この景色!
そう思ったら、一人の男の人が佇んでいた。
後ろ姿をいただき!
でも、こっそりの私の影も一緒に写りました。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/3秒くらい



c0016712_1941121.jpg


砂丘に残る足跡。
あっという間に風で消されてしまう。
風が描く砂の波紋。
同じ模様は二度と描かれない。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/5秒くらい



c0016712_19423348.jpg


三脚と一緒に影で記念撮影。
だんだん日が陰ってきて、少し影が弱くなった。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/10秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2005-12-27 19:43 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback | Comments(6)

鳥取砂丘へ

ようやく餘部が終了。
まだUpしてないのもあるけどブログではこのぐらいで(苦笑)。
そのうち、全体をHPでまとめます。
さて、餘部を出発。
出る時は雨が降っていたけどひと山越えたら晴れてました。


c0016712_15401844.jpg


のんびり各駅停車の旅。
宿でもらったみかんとベビースターラーメンを食べる。
窓の外を流れる景色。
山と海と町が交互に現れる。
寝たり起きたり眺めたり。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/30秒ぐらい



c0016712_15424870.jpg


鳥取に到着。ホテルに荷物を置いて早速バスで砂丘へ。
砂丘展望台でバスを降りる。
そこから砂丘までは、リフトで向かう。
ってわけで、いつものクセでリフトの上でも針穴。
自分の足と靴は一緒に移動してるからぶれずに写る。
周りの景色は飛ぶように。
でものんびりしたスピードなのだ。
しかし、自分の靴を写す時、ほとんどがこの靴だなぁ。
まるでこれしか持ってないみたいじゃん。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/5秒くらい


ところで、お気に入りのポジフィルム「コニカミノルタのSINBI 」なのですが
どうやらブローニは製造終了のようです。
噂はちらほら聞いていましたが、まだ少し猶予があるのかと思っていただけに
ものすごく残念。
私はAGFAよりもSINBI終了の方が遥かに痛いです。
がっくりと落ち込んでしまいました。
SINBIのような青に転ぶものって他にはないのです。
短めの露光時間で撮れば、キレイに普通に発色し、
ちょっと眺めに露光すると、独特の蒼い階調に転びます。
もちろん、他のポジでも青に転ぶのですが、その転ぶ青が違うんです。
青ではなく、蒼なんだよねぇ、SINBI。
ものすごく粒子が滑らかで、そのグラデーションも、シルクみたい。
フィルムによって、本当に変わってくるので、生産終了に振り回されます。
本当は、今手に入るもので撮るのがいいとは思うのだけど
さすがにSINBIだけは少しだけ買いだめしようと思ってます。
ちなみに、35mmの方は製造するようですよ。
by hariana_no_kokoro | 2005-12-26 15:50 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback(1) | Comments(6)

モノクロで餘部駅

ホントはUpするかどうか悩みました。
下手だなぁ、モノクロ。
まだまだどうにもならん。
とはいえ、画角とかは気に入ってるのでUpします。
これはもう、穴を変えた方がいいと、真剣に考え中。

c0016712_16372773.jpg


餘部駅のホームにあったカーブミラー。
ここは無人駅なので、
車掌さんはこれを見てホームの安全を確認をすると思います。
ミラーに映った線路に一人でぐっと来て何カットも撮ってしまいました。


BoxTengor(はりてんちゃん)/T-Max ISO100/1分ぐらい



c0016712_16393411.jpg


餘部駅の先端から鉄橋の上を走る線路を。
本当に、山と山の間に鉄橋があり、鉄橋を挟んでトンネルと駅がある。
駅は山間部って感じで、鉄橋は海が見える。


BoxTengor(はりてんちゃん)/T-Max ISO100/30秒ぐらい


c0016712_16414570.jpg


いわゆるよく見る餘部鉄橋の景色。
だって駅のすぐ脇に、絶景スポットとして展望台があります。
そこから撮れば、誰もがこの景色に。


BoxTengor(はりてんちゃん)/T-Max ISO100/1分ぐらい

はぁ、ホントに、モノクロはまだまだまだまだです。
難しい。
それと、このはりてんちゃんをもう少しシャープにしたい。
フィルム面までの距離を考えると、もう少し針穴を小さくした方が良さそうだ。
by hariana_no_kokoro | 2005-12-22 16:44 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback | Comments(8)

眩しい白

c0016712_158108.jpg


秋の終わりと冬の始まりの境目。
ポカポカと暖かい日。
陽射しが眩しく、川の流れは穏やかで、空は青い。
真っ白なエンジェルトランペットが眩しい。



Pinhole Blender(ブレンダ)/Fuji Chrome FORTIA SP ISO50/全部5秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2005-12-20 15:09 | ご近所針穴 | Trackback | Comments(0)

廃棄

c0016712_1521965.jpg


餘部の海沿いを歩いている時に見つけた。
たぶん、給水塔。
小さい。
山肌に崩れるように寄りかかっていた。
山から染み出す地下水に濡れ、雨に当たり、風を受け、波の音を聞き、
ここにどのぐらいの年月あるのだろうか。

廃墟がものすごく好きってわけではないが
こういう朽ちようとしている途中のものとか、
年月を全面に背負っているものとか、
錆びた色とかを見ると、足が止まります。
何か聞こえてくるようで。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/20秒ぐらい
by hariana_no_kokoro | 2005-12-20 15:06 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback | Comments(2)

鉄橋の見える町

今日は再び鉄橋を4枚。
餘部という町は、本当にどこにいても鉄橋が見えます。
見えないなと思ってもひょいと横を向くと見えたり、
路地から、隙間から、窓から、橋から、どこからも見える感じがします。


c0016712_1612521.jpg


お昼を食べるために喫茶店に入りました。
その窓からも、ほら。
喫茶店のカウンターの中にある食器棚のガラスにも映ってたなぁ。
自分と鉄橋を一緒に写してみました。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/1分半ぐらい



c0016712_1641030.jpg


小さい神社の階段を上る。
ふっと横を向くと、やっぱりあった。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/30秒ぐらい


c0016712_1654211.jpg


目が覚めたら雨。
雨空にもほら。
路地から民家の庭越しに。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/10秒くらい


c0016712_16658100.jpg


どこの家の軒先にも干し柿がぶら下がっていた。
お正月用なんだって。
泊まった民宿の窓にも干し柿。
干し柿越しの鉄橋。
あいにくの、雨模様。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/30秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2005-12-16 16:08 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback | Comments(6)

餘部の海景色

今日は餘部の海を3枚。
ここの海は、鉄橋と同じくらい印象に残りました。
あの石が波で転がる音が今も耳の底に残っています。


c0016712_15582029.jpg


雲が浮かんでいる空が好き。
蒼い海が好き。
白い波が好き。
寄せては返す地球の鼓動。
海辺にいると時間を忘れてしまうのはなぜだろう。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/3秒くらい


c0016712_15594712.jpg


テトラポットのある場所。
波が砕ける音がする。
それは決して激しくなく、そっと寄せてそっと砕ける。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/3秒くらい


c0016712_1613135.jpg


山の向こうに沈む太陽。
その山の高さの分だけ夜が早く訪れる町。
沈む前の太陽の輝きを静かな海が静かに受ける。


HOLGA120S(はりほるちゃん)/コニカミノルタSINBI ISO200/30秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2005-12-15 16:03 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback | Comments(0)

餘部の浜

c0016712_16464248.jpg


餘部は山間部でもあり海辺でもある。
後ろと左右を山に囲まれ正面が日本海。
海水浴ができるような砂浜ではなく
丸い石だけでできた海岸線。
からから、ころころと波が石を転がす音が心地良い。
晴天の日本海。
風は少し冷たいけれど、陽射しは温かい。
振り向くと山が迫っているのに、正面は開けている。
広さと狭さが同居する。
不思議な空間。



Pinhole Blender(ブレンダ)/コニカミノルタSINBI ISO200/全部5秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2005-12-14 16:49 | 針鉄の旅@山陰本線 | Trackback | Comments(0)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro