タグ:モノクロ ( 26 ) タグの人気記事

食べたり飲んだり

携帯のカメラ以外は針穴しか持ち歩かないことがほとんどの私なので
ご飯の写真も針穴します。
露光時間が伸びがちになる室内なので、
撮り終わるまで食べられないのがつらい。
でもちょっとずつ食べてもわからない所が、針穴の良さかな。

上野の文化会館にある精養軒。
老舗の洋食屋さんですね。
本店よりはずっと気軽に入れます。
名物のハヤシライスを。

c0016712_1553764.jpg


HOLGA120S(はりほるちゃん)/イルフォードDELTA 100/30秒くらい

昭和記念公園でビール。
暑くて晴れた一日。木陰のヒンヤリ感が気持ちいい。
お外で飲むビールはなんで美味しいんだろうねぇ。

c0016712_15545470.jpg


HOLGA120S(はりほるちゃん)/イルフォードDELTA 100/5秒くらい

下町の裏通りにある老舗の洋食屋さん。
古い日本家屋で、畳で頂く洋食。
子供の頃から通っています。
塩、胡椒入れの瓶もアンティークっぽい。
ここは露光時間が長いのでさすがに食い気が勝ってます。

c0016712_15564439.jpg


HOLGA120S(はりほるちゃん)/イルフォードDELTA 100/16分くらい
by hariana_no_kokoro | 2006-06-23 15:58 | ただいま食事中 | Trackback | Comments(10)

老舗のデパート

近所にある老舗のデパート。
ここの建物が子供の頃から大好きです。
正面玄関を入った時の、吹き抜け。
大きな照明や、太い柱。
ヒンヤリした石の質感。
段差の低い階段。
梁の彫刻。
金色の柵が開閉するエレベータ。
この場所に立っていると、何分でもぼんやりできてしまう。
買い物客のざわざわしたさざ波も、他のデパートと違ってどこか控えめ。
同じものを買っても、このデパートで買うとちょっと違う気がする。
本当はエレベータも撮りたいんだけど、さすがにそれは迷惑だろう。
ずっと撮りたいと思っていた正面を入った場所。
空き缶だからカメラだと気がつかれないし、
針穴だからたくさんの買い物客も写らない。
何十年の建物の時間だけを流し込める、そんな気持ち。

c0016712_15232039.jpg


ヒルズ缶ぴんく/富士フィルム4×5 アクロスISO100/4分半ぐらい
by hariana_no_kokoro | 2006-06-21 15:30 | ご近所針穴 | Trackback | Comments(4)

古い電車

鹿島鉄道に行った時の写真を。
久しぶりにモノクロです。
というのも、撮ってはいたのに現像してなくて…(苦笑)。
溜めに溜め込んだモノクロがてんこ盛り。
教訓、溜め込んじゃダメ。
今回はフィルムからのスキャンなので自分で焼いた時とは黒の感じが違うなぁ。
でも、全部を焼いていたら体力が持たないし。

カメラはHOLGA120S(はりほるちゃん)で
フィルムはイルフォードDELTA 100です。


c0016712_16121789.jpg


3秒くらい

c0016712_16124747.jpg


2秒くらい

c0016712_16131290.jpg


5秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2006-06-19 16:14 | 針鉄の旅@鹿島鉄道 | Trackback | Comments(6)

自分でプリント〜結果〜

c0016712_19543721.jpg


ちょっと前に自分でプリントさせてくれる、親切な人がいると書きました。
えっと、これ

今日はその結果発表です。
えーと、よくよく考えたら、自分で撮ったへっぽこモノクロ写真を
この人の技術で救っていただいたのですが
そのプリントしたものがですね、
私の手持ちのスキャナー読み取り面よりもデカイんですね(苦笑)
なので、数枚救ってもらったのに、スキャナーに乗せられるのはこれだけでした。

ちなみに、上のこの写真は、へっぽこなまんまのやつ。
ベランダからの夕日を撮ったのに
空は明るすぎて雲の形はないし、
影になっている家やビルの形は真っ黒に沈んでいます。

ちなみに、大人の科学の付録カメラで撮影してます。
針穴は、自家製です。

さて、このどうしようもないへっぽこモノクロを
Kさんの技術で救っていただいたのが、これです。


c0016712_201628.jpg



ポストカード風にするために
焼きの枠組みもわざと一緒にプリントしてみました。

フィルムの中にこれだけの情報が入っていたのかと思うとビックリです。
ビルや家の形はわかるし、雲の形もわかるし、
夕日の光がスッと伸びているのもわかります。

でも、写真としてのへっぽこぶりは、救えませんね。
それはもう、ひとえに、私の腕のなさなので、仕方ありません。


一緒に、このKさんの作品も焼いたりしたのですが
その時に、自家製の工夫を凝らした道具の数々を見せてもらって
引伸し機があればいいってもんじゃないと、実感してしまいました。

奥が深い。

私には当分手に負えそうもないので、
しばらくは、Kさんのご好意に甘えて、こちらでプリントさせてもらうことにします。
by hariana_no_kokoro | 2005-03-06 20:05 | ご近所針穴 | Trackback(1) | Comments(6)

自分でプリント

c0016712_17251923.jpg


モノクロだと自分で現像して、プリントできるんですよね。
それなりの材料や設備がいるのだけれど。

私がいつも現像に出している街の写真屋さんはちょっと不思議な店です。
裏通りにあって目立たないような感じなのに、
お店にいると、次々とお客さんが入ってきます。
小さいオフィス街の裏通りの写真屋さんなので、入ってみるまで
「こういうお店はどんどん潰れちゃうんだろうな」って勝手に思ってました。
近所に時間が売り物のプリントサービスの店がガンガンできていたし。
でも、商売っていうのはちゃんとプロの技を持っていれば、
わかる人が自然と寄ってくるものなのですね。

この店は先代のご主人が、焼きのプロ!だったそうで、
当時はプロの方も含めて、このご主人に焼いてもらいたい!ってお客さんが
沢山来ていたそう。
そのまま息子さん達が受け継いで、今に至っているわけです。
なので、この店に来る人は近所の人ばかりではなく遠くからもやって来ます。
そんな事情をまったく知らない私はたまたま飛び込んだわけで、
ラッキーとしか言えません。

さて、そんなお店ですから、お客さん同士の交流も盛んです。
その中でも私は針穴写真ですから、異質な存在。
それが幸いして、あっという間にお仲間にしてもらいました。

その中のお一人、Kさんが自分の事務所を改造して
完全な暗室対応にセッティングしてあるんですね。
皆さんに「一度、モノクロを自分でプリントしてみな〜」と言われ
Kさんのところで言われるがままに焼いてみたのが、今日の針穴写真。
大人の科学の付録カメラにイルフォードというフィルムを使いました。

現像はKさんに完全にお任せして、説明をしてもらってから
自分で焼いてみました。
引き伸ばし機にフィルムをセットして
真っ白の印画紙に大きさやピントなどを合わせる。
印画紙の号数や、時間などもKさんのアドバイスに従う。
真っ暗の中でスイッチを押し、さっと液にくぐらせる。
ふわっとなにか像が浮かんだなって思ったら
次の瞬間は一気に画像が広がる。
もう、その瞬間の、何とも言えない感覚。
これはやってみなきゃわからない感動。

印画紙の号数や、焼く時間を微妙に変えるだけで
全然違った画像が現れる。
何回も、何回も同じものを焼いてみる。
ちょっと濃く、ちょっと薄くって。
時間はあっという間に過ぎ去ります。

あー、ウチにも、暗室が欲しい。
引き伸ばし機が欲しい〜って叫んじゃいました。

現像段階でもう一度写真を撮る、という意味が
自分でやってみて初めてわかりました。
焼く時のイメージをちゃんと肝に据えて、モノクロは撮らなきゃなって
心底思います。
それだからこそ、モノクロは難しいなぁって思うわけです。

というわけで、ご好意の上にあぐらをかいて、
明日またKさんの事務所にお邪魔します。
この写真屋さんお客仲間のもうひとりと一緒に。

しかも、前回は35mmだけだったのに、
今回はブローニ用の引き伸ばし機も倉庫から出してくれたとのことで、
初めてブローニも焼いてみます。
できたら、覆い焼きとかいう技術も見せてもらおうかと
図々しいことを企んでいます。
by hariana_no_kokoro | 2005-02-25 17:45 | 雨の針穴 | Trackback(1) | Comments(8)

好きなのに

c0016712_17242155.jpg


この写真は針穴HOLGAで自宅のベランダから撮りました。
全然、ダメダメですが、マシなほうなので。


モノクロ、白黒、の写真って、けっこう好き。
見た目は白と黒だけで構成されているのに
白から黒への間に何百という濃淡が隠れている。

白と黒だけで構成されているのに
カラーで見るよりも、雄弁に色を感じる。
気温や、音や、光りの強さまで、感じる。

そんなモノクロ写真を、針穴で撮れるようになりたいと
何度かチャレンジするのだけれど、
現像が上がってきた写真自体に
「まだまだだな…」って言われて逃げられちゃう。

いつか思いのままに、モノクロとがっちり組み合えたらいいな。
by hariana_no_kokoro | 2005-02-15 17:32 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro