週に一度は更新!の目標が早くも崩れ去っていますが

めげずに続けています、アメリカ西海岸での針穴写真。

アボットキニー通りをふらふらしたあと、

ちょっと脇道に入ったら、なんかとっても高級住宅街で

なおかつ、細い運河が広がってました。

運河沿いには細い散歩道。

高級そうな家々のリビングやテラスは、この運河に向いてます。



c0016712_2095111.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


どの家もどの家も、素敵でした〜。

住んでみたい。

For Saleの看板をたまに見かけたけれど、

表示されている価格の数字が大き過ぎてよくわからない(苦笑)。

あぁ、でもここ、いいわ〜。

運河、小さな橋、近くにビーチ。

住みたいわ〜。。。と、妄想だけは膨らみました。



c0016712_2095768.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


その昔、アボット・キニーさんが、イタリアのベニスを目指したという

それがよくわかる、一角となっています。



c0016712_2010320.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/6秒くらい



この界隈をもうちょっと時間をかけて散策したかったです。
by hariana_no_kokoro | 2015-02-04 20:19 | 旅針穴@アメリカ西海岸2014 | Trackback | Comments(2)


明治村に行ったんです、の続きが続いています。

帝国ホテルであり得ないほどの時間を費やしてしまい

もう、残りどれだけ見て針穴できるのかと考えつつ

しかも天気がどんどん悪くなっていく。


てなわけで、隅田川に架かっていた新大橋のぶった切ったやつです。

今の新大橋はスマートですが、かっこいいとは思えんのです、個人的には。

この明治村にある橋だったらどんなにかっこいいことか。

もしくは、これに近い物にしておいてくれたら良かったのになぁ。


c0016712_12213741.jpg



ほるちゃん69ver./FujiChrome PROVIA 400X/3秒くらい


ISO400で屋外なのに3秒って…あぁ、いつものISO50だったら

どんだけ時間かかったんだ、と思いましたが

やっぱり色がちょっと違うな〜と思います。

でも贅沢は言わないぞ。


それから明治村の風景を一枚。

ってさ、建物がない風景、これしか撮ってなかった。

いいのか、明治村だから建物がメインで、いいんだよな(笑)。


c0016712_12212521.jpg



ほるちゃん69ver./FujiChrome PROVIA 400X/3秒くらい



さて、次回は聖ザビエル天主堂です。

ここでも長時間滞在が炸裂してしまいました(苦笑)。
by hariana_no_kokoro | 2013-10-23 20:21 | 旅針穴@明治村 | Trackback | Comments(0)

国府台




千葉に引っ越しして、通勤にJRを使ってます。

いつもたくさんの鉄橋を眺めながら、

駅から徒歩で行けるのはどれだろう?と思っていたら

京成の国府台駅が江戸川の川っぺりだと気が付きました。

てなわけで、行ってきましたよ、国府台。

ホームに降りて電車が行ってしまい、ふと振り返ると

うぎゃぁ~~!

鉄橋が、すぐそこ!



c0016712_17341047.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


もう、ホームで鉄橋見てうはうは言ってた(苦笑)。

でもローカル線じゃないのでしょっちゅう電車が来るんだよね。

(当たり前だけど)


で、見当をつけて、河原に向かう。

(方向音痴なので、ちょっとわかりにくかった)


あぁ、鉄橋ってホントいいよねぇ。



c0016712_17371788.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい



河原に座って空を見て、雲を眺めて、鉄橋を見てた。

川、大好きなんだけど、江戸川はグッと来ない。

隅田川じゃないから、だけじゃなくて、なんか違うな~と

考えていたら、川幅が広すぎるんだ、と気がついた。

川っぺりまで近付けないし、微妙な距離があって

水が遠い感じ。

川風に吹かれているのは気持ちがいいんだけどねぇ。


そんなわけで、2コマを繋げて針穴してみる遊び。

ちょっとずれちゃったのが残念。



c0016712_17462217.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/どちらも4秒くらい



夕暮れまで座っていたけど、空は染まらなかった。



c0016712_1747219.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/30秒くらい



国府台、また行こうとは思うけれど、

それは川を見るんじゃなくて、鉄橋だなぁ~。
by hariana_no_kokoro | 2011-10-19 17:48 | 晴れの針穴 | Trackback | Comments(6)




第5回 針穴魂 『私の中の東京』 は、無事に終了しました。

針穴魂としては、今年でいったん休止となります。

私も中村さんも針穴写真をやめることはないので、

別の形でそれぞれお目にかかっていけると思います。

終わりは終わりではなく、新しい始まりの、始まり。

針穴魂としての経験はきっと自分の中で活かされていると思います。




もともと、5年をひと区切りにという約束でスタートした

この「針穴魂」というユニットは中村さんから声をかけていただいて、

基本二人がいれば「針穴魂」でそこに誰かに入ってもらったりしようということでした。

フューチャリングって感じですね。

毎年、きちっと年の初めにテーマを決めて、ルーニィに予約をしに行く。

作品の内容、フォーマット、展示方法、等含めて

出たとこ勝負ではなく、それなりに足並みを揃えることをしてた。

普段、一人でやるなら設営の当日まで迷っていてもなんとかなるけど

誰かとやるなら、そうはいかないですからね~。




それと、個展をやるほどまとまってはいないけれど、

ちょこっとまとまっているのを実験的に見せたいなんてものを

ちょろっと出せたりできるのはグループ展ならではでした。

そんなわけで、今年はモノクロを6点出しました。


自分で作った針穴で撮影して、自分で現像して、自分で焼いた

すごいね、フィルムを作ると印画紙を作る、以外は

全部自分の手でできてしまう。

工程に携われるというのは、モノクロの本当の良さだね。

今日は、そのモノクロをUpしつつ、書いて行きますね。



c0016712_836555.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/20秒くらい



いつも設営する時は緊張する。

本当にこの作品たちで良かったのか?

もっとやることがあったのでは? 枚数は足りてるのか?

サイズはこれで良かったのか?

今回も設営しながら自問自答しつつ、手は動かす。




c0016712_8431070.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/20秒くらい



設営が終わってしまうと、ホッとします。

それなりに、ベストを尽くしたという手ごたえが目の前に並ぶのは

文字通り実感するという感じ。



それでも、初日はまた緊張。

誰も来てくれなかったどうしよう?とか、

足を運ぶだけ無駄だったと思われたらどうしよう?とか。




c0016712_845878.jpg



はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/40秒くらい



それでも、少しずつお客様がいらして、お話ししていくうちに

落ち着きます。

今回は、8月の会員展で作品を見て来てくださった方や、

いつもブログを見ていてくれて札幌から来てくださった方などいらして

びっくりするやら、うれしいやら。




c0016712_8475177.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/20秒くらい



中でも一番びっくりしたのは、

もう何年前でしょうね~、アサヒカメラの月例コンテストに投稿していて

その時に同じようにファーストステップに投稿していて

その当時から私の針穴写真を気になってみて下さってた方が

来てくださったこと。

いやぁ、びっくりしました。


ブログを見て下さってきてくれたり、Flickrを見てて来てくださったり、

会員展、アサヒカメラの月例時代と、

少しずつ少しずつ出してきていた事が、形になっているんだな~と

嬉しい実感をいただきました。

本当に本当にどうもありがとう。



c0016712_8511248.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/60秒くらい



「最近、ブログの更新が遅いですよね~」と頻繁に言われてしまい、

お恥ずかしい限りです。

こことFlickrは大事にしているんですが、

落ち着いてUpできない日々が続いていて申し訳ないです。

もうちょっとまめに更新したいと自分でも思っています。



c0016712_925650.jpg




はりほるちゃん69ver./ILFORD PANF PLUS ISO50/40秒くらい



今回、初めて数点まとめてモノクロを出しました。

「新しい芸風」って言われた言葉と

「ぞくぞくするね~」って言われた言葉が

かなり嬉しかったです。


モノクロは実は撮っているし、現像もしてるし、引き伸ばしもやってます。

でもなんだろう、敷居が高いと感じているので

なかなか堂々と出せずにいたんですが、

今回、テーマとモノクロとがちょうど合って、

うまくトーンを合わせて焼けたので、出してみました。

いつか、モノクロだけの個展もやってみたいです。



最後に、本当にいつもありがとうございます。

実際に会ってお話しできた方、ブログを見て下さってる方

応援してくれたり、コメントくださったり

いつもいつも本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。
by hariana_no_kokoro | 2011-09-29 09:44 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(2)


そういえば、去年の5月名古屋に針穴写真を見に行った時
四日市駅近くにある末広橋梁に行ったんでした。
(また「そういえば」か……ですが<笑)

末広橋梁とは、跳開式可動橋です。
基本は、船の航行の為に跳ね上げてあって、列車が通る時だけ下ろしているそうです。
私が行ったのは日曜日だったため、列車の通過はなし。
列車が通る時は、こんな感じのようです。


普通に駅から徒歩で行けるこういう場所は貴重なの。
てくてくてくてく、線路に沿ったり離れたりしつつ歩いて行く。


c0016712_23542259.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/4秒くらい



あぁ、線路のその先に見えるのは!
どきどき、わくわく。



c0016712_23553577.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/4秒くらい


こんな姿が、穏やかな川の上に!青い空の下に!


c0016712_23561386.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/4秒くらい



そりゃ、列車が通れば喜びも倍増ですが、今回は我慢。
見られただけでも充分、スキップな気分ですよ。

そんなわけで、夕暮れ近くまでここで数時間この橋を眺めて過ごしました。
ホントは夕焼けも待ちたかったのですが、
工場地帯の日曜日ということで、人がいなくて怖かったのです。
それでもちょっと夕焼けの光っぽくなるところまで粘りました。
金色っぽくなったところを、肝油ドロップ缶で。


c0016712_003950.jpg



肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい




この橋を眺めながら、開かなくなってしまった大好きな橋
隅田川の勝鬨橋のことを考えていたのでした。

母が学生の時に都電の中で見ていたそうです。
橋が上がると、ざざざ〜っと、道路の砂利が滑り落ちてくるのが
印象に残っていると言ってます。
そんなこと、実際に見た人じゃなきゃわからないよなぁ。

都電が走っていた勝鬨橋。
大きな船が通るために跳ね上がっていた勝鬨橋。

そんなことを、思い描いていたのでした。
by hariana_no_kokoro | 2010-11-25 00:09 | 針鉄の旅@末広橋梁 | Trackback | Comments(0)

萬年橋を渡って



c0016712_1143222.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia IOS50/3秒くらい


大好きな清洲橋のすぐそばにある萬年橋。
この橋もかっこいいんです。
カーブの具合と、渋い色と、造作がかっこいい。
ここから見る隅田川の景色もいいです。
今度の個展をやるギャラリーはこの橋を渡って
すぐ左の路地を入った突き当たり左側です。
ぜひ、萬年橋を渡る時は立ち止まって、振り返って、隅田川を見て、
清洲橋も見て、萬年橋の造作も見て下さいね。


その路地の突き当たりは本当に隅田川の堤防。

『Fukagawa Photo Session』
〜川の流れ、人の営み、「写真」で町をつづる


初日の夜はこの堤防に写真を投影する
「隅田川幻燈の夕べ」というイベントがあります。
どんなふうに見えるのか、今から私も楽しみにしています。




詳しい個展情報
by hariana_no_kokoro | 2010-07-02 01:23 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(0)

赤川鉄橋

この前肝油ドロップ缶で撮ったものを出しましたが
今日はむにょ〜んで撮ったものを。

大好きで、憧れすぎて、思い描きすぎると
その気持ちが写真に反映される事もあるし、
逆に、逃げられちゃう時があるような気がします。
たぶん、赤川鉄橋は、後者。
すごく行きたかった場所。
思いが強過ぎて、鉄橋が遠のいてしまったような
そんな針穴写真です。

全貌が見えて、興奮気味の私。


c0016712_17192348.jpg



HOLGA de むにょ〜ん/Fuji Chrome Velvia100/5秒くらい


歩道部分は板。
ギシギシガタガタ言います。


c0016712_17205654.jpg



HOLGA de むにょ〜ん/Fuji Chrome Velvia100/5秒くらい



歩道の横の柵の向こうは普通に線路。
線路の下には川が見える。


c0016712_17223489.jpg



HOLGA de むにょ〜ん/Fuji Chrome Velvia100/6秒くらい



鉄橋からの眺め。
晴れてたらなぁ〜〜。


c0016712_17232949.jpg



HOLGA de むにょ〜ん/Fuji Chrome Velvia100/4秒くらい


ホントに真横を通過して行った貨物列車。
あり得ないほどの近さ。


c0016712_1724245.jpg



HOLGA de むにょ〜ん/Fuji Chrome Velvia100/5秒くらい


次ぎに行く時は、微笑んでくれるといいのだけれど。
by hariana_no_kokoro | 2007-01-24 17:25 | 曇りの針穴 | Trackback(1) | Comments(6)

青い赤川鉄橋

去年、Flickrの関西の人たちがグループ展を開いたので
日帰りで大阪に行ってきました。

実は大阪には仕事で数年通った事があるのですが
本当に仕事オンリーで、街を見る事も、美味しいものも食べる事もなかったので
実際は今回がまともな大阪体験の初めてでした。
それで、一日私のために時間を割いてくれた
tearoomさんにお願いした行きたい場所のリクエストが
赤川鉄橋。
えーと、まともな大阪体験じゃないじゃん!という声は聞こえません。
だってだって、トラス橋のいわゆる鉄道の鉄橋の中を歩いて通れるなんて
そんな場所、なかなかないですよ。
しかも、線路と同じ橋の中にいられるんですよ。
歩道を歩いているとすぐ横を貨物列車が通過するんですよ。
そんな鉄橋、鉄橋好きの私にとってはよだれものですよ。
で、行ってきました。


c0016712_15462037.jpg


肝油ドロップ缶/コダックのタングステン64/15秒くらい



あいにくの曇り空。
今にも雨が降りそうな寒空の下、
ただただ橋を対岸に渡るためだけに3時間近く費やしたのは、私です。
ごめんなさい、tearoomさん、寒かったですよね。
そんな鉄橋に夢中になってる私
tearoomさんの針穴カメラが写してくれました。
ありがとうございます。

あぁ、でも今度は晴れている時に行ってみたいです。
by hariana_no_kokoro | 2007-01-15 15:50 | 曇りの針穴 | Trackback | Comments(2)

見上げてごらん

でかいもの、高いものを見ると
ずずず〜〜っと遡って、見上げてしまいます。
例えば、こんな天井。

c0016712_1731893.jpg


HOLGA 120S(はりほるちゃん)/イルフォードDELTA100/8分ぐらい

造り酒屋さんの古い建物。
日本家屋の天井はどこまでも上にあったのでした。

で、でかいもので高いものと言えば、鉄橋。
まだありました、筑後川昇開橋。

c0016712_1754265.jpg


HOLGA 120S(はりほるちゃん)/イルフォードDELTA100/5秒ぐらい

c0016712_1761621.jpg


HOLGA 120S(はりほるちゃん)/イルフォードDELTA100/3秒ぐらい
by hariana_no_kokoro | 2006-07-31 17:07 | 旅針穴@九州 | Trackback | Comments(0)

まぜまぜ鉄橋

筑後川昇開橋のPinhole Blender版。
ものがでか過ぎて、どうしていいかわからずにも混ざりました。
こうやって見ているとホント鉄橋っていいよねぇと思います。

c0016712_15482392.jpg


Pinhole Blender(ブレンダ)/コニカミノルタSINBI ISO200/全部2秒くらい
by hariana_no_kokoro | 2006-07-12 15:49 | 旅針穴@九州 | Trackback | Comments(6)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro