タグ:針穴写真 ( 4 ) タグの人気記事

あら、今年初めてですね。
って、もう2月だ。
すみません。
今年もどうぞよろしくお願いします。

今年の頭に東京の東側、小伝馬町にお引越しした
Ronee247 fine artsでグループ展を行います。

第二回「はりけん研究発表展」
2月21日(火)〜3月5日(日)*月曜日休廊
12:00〜19:00(最終日のみ16:00まで)


私の在廊日は

  • 2月21日(火)12:00〜19:00
  • 2月25日(土)12:00〜15:00
  • 2月26日(日)12:00〜19:00
  • 3月1日(水)12:00〜19:00
  • 3月4日(土)12:00〜19:00
  • 3月5日(日)12:00〜16:00

です。お待ちしています。

前回から約1年ぶりの展示です。
前回の展示以降の撮影会での作品を中心に展示します。
私は、小さめなものを5点展示する予定です。

その展示作品の中から、今日は、これを。


c0016712_10424784.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/1分ぐらい

これは、静岡県の三島にあるクレマチスの丘です。



お庭にたくさんある彫刻で針穴してて、
この階段も展示物のひとつです。
なんて事のない階段の写真ですが、
階段のステップ、青空、壁、少し見える緑、影のラインが
自分ではお気に入りです。
額装すると、さらに良さが出た、と自分では思ってます。

今回展示はしませんが、クレマチスの丘というと、
ここで写真撮る人が多いですね。


c0016712_10504053.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/8秒ぐらい


とても気持ちのいい撮影会でした。
被写体も多く、自然もあるし、食べ物も美味しかったので
また行きたいと話しています。
花の時期が有名ですが、それだと混雑しちゃいます。
ゆっくり散策したり写真を撮ったりするには、
あえて花のない時期を選ぶのもいいですよ。






by hariana_no_kokoro | 2017-02-15 10:54 | 個展など展示関係 | Trackback | Comments(4)

留萌線に乗ったんだった

留萌線の留萌〜増毛が廃線になりました。
おそらく、深川〜留萌も遅かれ早かれ廃線になってしまうのではないでしょうか。
JR北海道って、もうちょっと努力して欲しいんだよね。
北海道の鉄道旅は旅行者としても魅力があると思うんだけどな。
この先の、北海道の廃線のスピードについていけないかも。

てなわけで、留萌線に乗ってきたんですよ。
6月に(苦笑)。
だって、廃線直前の18きっぷとか、鉄の人々の祭り状態になってしまって
情緒がなくなってしまうんだもん。
なので、乗って降りてをするには金額的に不利ですが、
あえて6月に行ってきました。
(って、それを今頃アップするか?<すみません)

そして、やっぱり雨女なんだわ。
最終日だけ、晴れた(これは本当にお約束だわ)。
しかも、寒いっ!!寒かったです。
予想して着るものを工夫したのですが、予想をはるかに上回る寒さでした。


いつもの、走る先頭車両(最後尾車両のこともある)で針穴。
真ん中の窓の右側にある丸いのは、タブレットですよ。

c0016712_15324167.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


いい路線でした。
山の中を抜けたかと思うと海が広がります。
大きくカーブを描いて、終着駅の増毛。
終着駅の雰囲気がすごいかったです。
駅というよりも、なんか広場に線路が入ってきちゃったみたい。
この時は、晴れたんだよね。
天気がめまぐるしく変わって、まぁ、基本、雨か曇天。

c0016712_15325901.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい


寒さと、本数の少なさで、降りる駅を変更したりと
なかなか、苦労(楽しかった)しました。
増毛の町も海辺の端っこって情緒があってよかったなぁ。

これは、増毛の駅のベンチ。

c0016712_15332736.jpg

ほるちゃん69ver./FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


留萌線、たまにアップしますね。






by hariana_no_kokoro | 2016-12-07 22:31 | 針鉄の旅@留萌線 | Trackback | Comments(2)


今年の1月に行って来たアメリカ西海岸の針穴写真が続いています。

前回まで、上を見上げたものばかりだったので

今日は、下を。とういか、影が印象的だったものを。


ディズニーランドの街並から戻ってくる時に

歩道に落ちる木の影が気に入ったので。


c0016712_19494512.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい


周辺にはビルタイプのホテルもあるけど、

いわゆるモーテルタイプもけっこうあって、

我が家もモーテルタイプに泊まっていたのですが

たいてい、小さなプールがあります。

夕方にプールに浮かんでいる人はわりといました。

でも、朝晩は急に気温が下がるので寒いと思うんだよな〜と

思っていたら、どうやら温水らしい。

ま、私は入りませんでしたけどね〜。

そのプールの柵の影が印象的だった。



c0016712_19494014.jpg



ほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい




こんな調子で、アメリカの旅、続きます。
by hariana_no_kokoro | 2014-07-29 19:57 | 旅針穴@アメリカ西海岸2014 | Trackback | Comments(0)

鉄分補給し過ぎの日

1月に鉄分をたっぷり補給する目的と、
とにかく、雪景色が見たかったので
行ってきました、米坂線!
この日の、アホな一日の様子はこちらをどうぞ

では針穴写真をどうぞ。

雪でお困りの地方の方には申しわけないのですが
ホントに冬ならやっぱり雪が見たいのです。
強行スケジュールでしたが、行って良かったです、米坂線。

米沢駅で雪にまみれて待っててくれてる。


c0016712_15103768.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


ホームで駅員さんが雪かきしても雪かきしても
どんどんどんどん雪が降って積もっていく。
列車の中はぽかぽかです。


c0016712_15265153.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/10秒くらい


この日、最初にして最後の途中下車駅、手ノ子に到着。


c0016712_15122398.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい


駅の外に出て、踏切へ。
遮断機が半分ぐらいの高さになってます。


c0016712_15122964.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/10秒くらい


踏切に立って線路を見る。
雪だらけなのに、線路の平行した筋だけがくっきり。


c0016712_15123559.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/10秒くらい



雪に自分の影を。


c0016712_15124887.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/6秒くらい



もう一度、踏切に戻って肝油ドロップでも雪景色を。



c0016712_1513357.jpg



肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


約2時間の待ち時間の後、雪の中、列車は定刻通りにやって来た。
遠くから線路を伝わって列車が来る音がカタンカタンと聞こえてくるのは
なんと安心することか。
薄暗くなって来た雪景色の中、ヘッドランプが見えるとホント安心するね。



c0016712_1513947.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/10秒くらい




雪景色の針鉄の旅は、只見線に続いてですが、いいですね。
途中下車する場所を選ぶのが大変だけどね。





さて、「きは讃岐うどんのき」にも書きましたが、ここでお知らせです。

昨年末アサヒカメラに「針鉄の旅」を掲載していただいて
それを見て下さった講談社の週刊現代編集部からご連絡をいただき
3月7日(月)に発売される号に「針鉄の旅」が掲載されます。
カラーグラビアで6ページ!

よろしければ、お買い求め下さいませ。



ここからは余談。

週刊誌も初めてだし、カメラや写真系の雑誌じゃないのも初めてで
反応が不安です。
針穴写真の良さや雰囲気がうまく伝わってくれるだろうかと
かなりドキドキしています。
これがきっかけとなって、針穴写真に興味を持ってもらえる人が
増えたらいいなぁと、心の底から思います。

それと、編集部に選んでもらった写真が、
自分じゃ選ばないようなものが多くて、
改めて、人の眼と自分の眼の違い、というか
好みの違いを感じています。

でも、編集者って雑誌になったときのことを考えて選んでいるので
たんなる好みとかとは違うんだろうな〜
そういう意味では、どんな出来上がりになるのか楽しみです。




さらに、余談。

講談社の新館はきれいでかっこいいんですが、
週刊現代の編集部があるフロアーは、
いわゆる想像通りの週刊誌の様相でした(笑)。
昔出入りしていたVOCEの編集部とはえらい違いだった。


ともかく、3月7日をお楽しみに〜。
by hariana_no_kokoro | 2011-02-27 15:27 | 針鉄の旅@米坂線 | Trackback | Comments(4)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro