明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

去年よりは更新ペースを上げて行くぞ〜!と、思っています。


というわけで、

7月に一泊二日で下北半島と津軽半島へ行ってきました、の続きです。



旅の話は、こちら!こちら!


大湊線から青い森鉄道を経由して青森駅に到着。

青森では約2時間の待ち時間があったのでどうしても見たかったのが

青函連絡船八甲田丸

八甲田丸にはかつて客車や貨物列車もそのまま乗っていたとのことで

船への引き込み線があるんです。

そこを、針穴。

この線路が船へと続き、海を渡って、北海道へ行っていたのね。


c0016712_14361774.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


船の中にも列車がありましたが、暗すぎて針穴は無理でした。


結局、青森はここだけで終了。


次は、JR津軽線です。

最初はステンレス車両。


c0016712_1438299.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい


その車両での、いつものやつ。


c0016712_14391796.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


でもね、蟹田駅で冷房なし!ディーゼル!に乗り継ぎ!!



c0016712_14413475.jpg



はりほるちゃん/FUjiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


窓が開くって素晴らしい〜!



c0016712_14422871.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


そして、この車両でも、いつもの。



c0016712_14431974.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



そんなわけで、三厩に向かいます。
by hariana_no_kokoro | 2013-01-03 14:47 | 針鉄の旅@大湊線と津軽線 | Trackback | Comments(2)

途中下車




はい、また恒例の「そういえば・・・・」のお話

7月に一泊二日で下北半島と津軽半島へ行ってきました、の続きです。



旅の話は、こちら!こちら!


大湊線はとにかく本数が少ない。

なので、始発です。

これが大湊線、最後。

なので、どこかひとつ降りられないかと考えて

そしたら始発になってしまった。

有戸って駅で降りました。



c0016712_172385.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい


大好きな無人駅ですが、ホームで座ってられませんでした。

日射しが!!

こんな寒い日々にこんな言葉を書いてもピンときませんが

すごい暑かったのですよ。朝っぱらから。


駅の周りをぶら〜りしてみます。

庭木に水を盛大にあげていたおじいちゃんに

朝の挨拶をしたら「何してるの?」と言われ、

「電車に乗りに来ました」と言ったら

納得してくれましたが。



c0016712_1725556.jpg



はりほるちゃん/FUjiChrome Velvia ISO50/3秒くらい



踏切の黄色と、青空は、映えるよね〜。



c0016712_17274100.jpg



はりほるちゃん/FUjiChrome Velvia ISO50/8秒くらい



駅舎の影で日射しを避けながら、次の列車を待ちました。

さて、青森に向かいますよ〜。
by hariana_no_kokoro | 2012-12-29 17:29 | 針鉄の旅@大湊線と津軽線 | Trackback | Comments(0)

やっと各駅停車




はい、また恒例の「そういえば・・・・」のお話

7月に一泊二日で下北半島と津軽半島へ行ってきました、の続きです。



旅の話は、こちら!こちら!



小さな石積みアーチダムを堪能して、バスで大湊駅に戻りました。

駅に着いたら、ディーゼルの唸る音がしたのでホームを見たら

各駅停車が到着したところ。

時刻表を見て、折り返して戻ってきて、海で夕暮れを見られるか計算して

飛び乗りました。



そして、いつものあれ、です。



c0016712_10564899.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



大湊線は、線路がまっすぐだな~~っていうのがすごく印象に残っています。

このままずっとなのかな?と思ってしまうほど、真っすぐが続きます。

小さな駅で降りたけど、特に針穴せずにボーっとホームで過ごす。

とにかく、この無人駅のホームでボーーーーーーーーっとするのが

好きなのです、私。

あっというまに1時間ぐらい平気で過ぎてしまう(苦笑)。

ホームに直接座って、足を線路の上でぶらぶらさせているのが、好き。

そのうち小さな小さなカタンカタンという音が線路を伝わって聞こえてくる

その小さな音を聞くのが好きです。


そして、また大湊に戻る列車で大湊へ。



海の方向を目指して町中をぶらぶら。

ちょうど大湊ねぶたが近づいてることもあって

町のあちこちからねぶたの練習が聞こえてくる。

お囃子や掛け声だったり、ねぶたを作る作業の声だったり。

本当に、あっちから、こっちからといろんな方向からいろんな音が聞こえてた。

住んでいる人にとっての大きなイベントなんだな~と。

そういう核となるものがある町っていいな~。

そんな音を聞きながら見た、夕暮れ。



c0016712_1133379.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分くらい




海辺の堤防に座って、空を見上げて、夕暮れの色を見て、

波の音とねぶたのお囃子、潮の香りと知らない町の匂い。

またまた、ボケ~~っとしてたら日が暮れてしまいました。



c0016712_1154328.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8分ぐらい



夜はホテルの近くにあった居酒屋さんで。

ひとりで居酒屋に入ってビール飲めるようになっていることに

毎回、ちょっと驚きますが、もう慣れました(笑)。

翌日は、始発なので、ほどほどにして、おやすみなさい~
by hariana_no_kokoro | 2012-12-28 21:53 | 針鉄の旅@大湊線と津軽線 | Trackback | Comments(0)

大湊へ



はい、また恒例の「そういえば・・・・」のお話の、続きです。

すみません、7月に一泊二日の青森へ行ってきました。

しかも、下北半島と津軽半島という左右へ。



旅の話は、こちら!こちら!



青春18きっぷを使ったのですが、

さすがに青森までは新幹線を使いました。

まぁ、理想は各駅停車の旅、ですけども。


で、新幹線で八戸で降りて、青い森鉄道で野辺地へ。

青い森鉄道はピカピカのステンレス車両。

そして、恒例のこれです。



c0016712_15233745.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



野辺地というと南部縦貫鉄道に乗りたかった・・・という悔しさが湧いてきます。

当たり前のことながら、廃線になると二度と乗れないんですよねぇ。

無理をしてでも行っておけば良かったと、本当に後悔先に立たず。



野辺地からJR大湊線、といいたいところですが

何せ、本数が少ないので、リゾートあすなろを使いました。

窓が大きくて、観光列車なんだけど、けっこう空いていました。

空いていたからこそ、こんなこともできちゃう、あれです。



c0016712_15292342.jpg




はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


地元の方の車内販売で、大間のまぐろの絵柄の手ぬぐいを買いました。

手ぬぐい好きなのと、自分用のお土産にかさばらずにいいんだよね。


そして、大湊駅に到着。

大好きな盲腸線には大好きな車止めがある。

車止めは針穴はせずにiPhoneだけ。

宿は駅の真横にあるフォルクローロ大湊です。

始発で動かなきゃならないので、駅に近いのは重要。

ホテルの部屋の窓からも車止めが見えました。

んで、ホテルの前には、大好きなこいつが!



c0016712_15331433.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい


オブジェとしてしか見られないが、見られるのはうれしい。

東京の新橋の駅前にいるSLの横にいるこいつのことも

よく見に行くよ。

もう実際に動いているのは、津軽鉄道だけだもんなぁ。



そんなわけで、車止めと腕機式信号機に挟まれた宿に荷物を置いて

小さな小さなダムを見に行った。
by hariana_no_kokoro | 2012-12-13 21:21 | 針鉄の旅@大湊線と津軽線 | Trackback | Comments(2)

夏の針鉄の旅




はい、また恒例の「そういえば・・・・」のお話です。

すみません、7月に一泊二日の青森へ行ってきました。

しかも、下北半島と津軽半島という左右へ。



旅の話は、こちら!こちら!



で、今日UPするのは津軽半島のJR津軽線

三厩駅に行ってみたかったんです。

津軽線、すごくいい路線でした!

何往復もしたくなるぐらい、いい路線!!

その気持ち良かった車窓を、肝油ドロップ缶で。



c0016712_10294314.jpg



肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/12秒くらい



去年のクリスマスに入った別所線もまだなのに、

今年の夏のをUPしちゃった~。
by hariana_no_kokoro | 2012-12-11 21:05 | 針鉄の旅@大湊線と津軽線 | Trackback | Comments(0)



さて、今度の日曜日29日は世界ピンホール写真デー!です。

毎年4月の最後の日曜日に針穴写真して、それをサイトにアップして

みんなで共有しようっていうお祭りです。

どこで撮ってもいいんです。

4月最後の日曜日に針穴写真で撮ることだけが条件。

世界中の4月の最後の日曜日が見られます。



私は日本針穴写真協会の東京支部企画の撮影会に参加します。

って、撮影会担当なので、絶対に行かねばならないのですが。

今のところ、お天気は大丈夫そう。

この撮影会は、協会の会員じゃなくても針穴カメラを持ってくれば

どなたでも参加できますので、ぜひどうぞ。

詳細は、こちら。





そういえば、というお話の続きですが、

去年の12月24日に、長野電鉄の屋代線に乗ってきたんです


屋代線には木造の駅舎が多く残っていました。

代表的なのが、この松代駅。観光地でもありますね。

いい改札口ですよね。

ここで駅員さんが切符切るはさみをリズミカルに鳴らしていたら最高なんだけど。


c0016712_18292010.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/40秒くらい



それから東屋代駅。


c0016712_18311458.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



そしてホームにぽつんと、若穂駅。


c0016712_18321033.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい



遮断機のない踏切が好きです。


c0016712_183355.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/4秒くらい



屋代線、けっこう撮ったんですが、できがいまいちで、残念。

廃線になってしまったので、二度と撮ることはできませんね。


次回からは、別所線の予定。
by hariana_no_kokoro | 2012-04-24 18:39 | 針鉄の旅@屋代線 | Trackback | Comments(0)



そういえば、というお話ですが、

去年の12月24日に、長野電鉄の屋代線に乗ってきたんです

この3月末で廃線が決まっていたので、

その前に、なおかつ鉄の人たちのイベントになる前に

乗りに行こうと考えたスケジュールが、クリスマスイブ!(笑)。

ま、いいんです。クリスマスなんて関係ない。

木造のいい駅舎がたくさんある路線でしたが、

残念ながら、廃線となってしまいました。



屋代駅までしなの鉄道で。

しなの鉄道から連絡通路を通って屋代線まで行くのですが、

長野電鉄の場所になったと思われるところから、その連絡通路が木造に。

その静かな佇まいが良かったです。



c0016712_18562794.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/1分ぐらい



屋代駅にやってきた車両は、ぴっかぴかの銀色。

車両に詳しくないのでよくわからないのですが、日比谷線?と思いましたが

どうなんでしょう?



c0016712_18583727.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/5秒くらい



そして、そのぴかぴかな車両で、いつもの、です。



c0016712_19054.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/12秒くらい


知らない路線、知らない地形を線路が運んでくれるのは

いつでもワクワクしますね。
by hariana_no_kokoro | 2012-04-06 22:10 | 針鉄の旅@屋代線 | Trackback | Comments(1)

アメリカで乗り鉄っ!




そんなわけで10年ぶりに海外に行ったんですよ

の、話をまだまだ続けています。


気球に乗れなかったため、思いがけずサンディエゴの町を散策し

素晴らしい駅サンタフェ駅を堪能しながら

アムトラックの時刻表を眺めていました。

そしたら相方が、アムトラックでアナハイムまで行けば?

と、言うではありませんか。

デルマーはこの一日だけで、翌日は再び車で

アナハイムを通過し、サンタモニカに宿をとっていたのです。

アムトラックの所要時間を見ていると、

アナハイムからサンディエゴまで車で来た時間とほぼ同じくらい。

前日にアナハイム駅は見ているので、待ち合わせの仕方も楽。

てなわけで、急遽、アムトラックのチケットを買い、

私はアムトラックで、相方は車で、

アナハイムの駅で合流することになったのです。


アメリカで、長距離列車アムトラックに、ひとり鉄っ!

ところが、この日は朝から土砂降り(笑)。

雨女パワーは健在です。



c0016712_12482380.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



しかし、でかい車両です。オール二階建て。


c0016712_1249269.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい


座席は二階席を確保。

ゆるく人がいる程度で、混雑はなくとはいえ閑散とし過ぎてない。


c0016712_12502023.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分くらい


通路挟んだ席も途中駅から埋まりました。


せっかくの海岸線をずっと走っているのに、外はどんより。

窓がなぜか色が違って、こんなことに。


c0016712_12513234.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分くらい


サンタフェ駅からアナハイム駅まで、約2時間のアムトラックでした。

アナハイム駅で相方と無事に合流し、サンタモニカを目指しました。
by hariana_no_kokoro | 2012-03-19 22:14 | 旅針穴@アメリカ西海岸2012 | Trackback | Comments(0)
そんなわけで10年ぶりに海外に行ったんですよ

の、話はまだまだ続いています。



サンディエゴの町にある、アムトラックの駅名は、サンタフェ。

サンタフェというと宮沢りえしか思い出せない貧困な私ですが、

この駅舎がすんばらしかったのです。

気球に乗れなかったことなんて、吹っ飛んでしまいました(笑)。

そのすばらしさが、私の針穴写真で伝わるといいのですが。


ホーム側の入り口は、こんな感じでした。


c0016712_16163393.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/2分ぐらい


でね、駅舎の中がね、もう、ホントに素敵だったの~

天井がアーチになっていて、高くてね、

夕暮れ時の金色の光が入ってきててね。



c0016712_1616472.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8分ぐらい


光が良かった時間帯、っていうのもあっただろうけど

旅先でこんな光の中、この駅舎に出会えて、すごく感動しました。


c0016712_16184850.jpg



肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/1分ぐらい


本当にもう、この旅、いちばんの光の思い出となりました。
by hariana_no_kokoro | 2012-03-17 22:13 | 旅針穴@アメリカ西海岸2012 | Trackback | Comments(0)

サンディエゴで鉄っ!

そんなわけで10年ぶりに海外に行ったんですよ

の、話をさらにさらに続けています。


強風のため、気球に乗れなかったので、デルマーに近いサンディエゴに行きました。

サンディエゴには路面電車があって、

アムトラックの駅もあるのでした。

てなわけで、思いがけずにサンディエゴで鉄っ!ですよ(笑)。


サンタフェ駅。

いやぁ~、ここがホントにね、めっちゃすてきだったの。

くらくらするぐらい素敵だった。


c0016712_1684471.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい



踏切もサイズがでかかったです。


c0016712_169478.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/3秒くらい



線路とヤシの木。


c0016712_16103412.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/12秒くらい



この後から、どんどん夕暮れ前の金色の光が強くなってきたのでした。


c0016712_16111915.jpg



はりほるちゃん/FujiChrome Velvia ISO50/8秒くらい



ホントに素敵だった駅舎は、次回に。
by hariana_no_kokoro | 2012-03-16 22:05 | 旅針穴@アメリカ西海岸2012 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by hariana_no_kokoro