今ごろ、なんですが、桜です。




千葉に引っ越して初めて春・・・・というには、すでに梅雨ですが、

今の家を探している時に、広めで太くて背の高い木々が多く土の公園が

目の前にあるのが決めた理由だったのです。

その公園の真ん中には大きな枝垂れ桜の木が1本。

その木の存在感がとても気に入ったので、

花が咲くのを楽しみにしていました。

門前仲町の町の空気全体が桜色に染まるような

桜並木とは違って、孤高の清々しさと艶やかさがありました。

そんな雰囲気が伝わるように、少し離れたところから針穴。

これが、この桜の木の最初の一枚になりました。



c0016712_1814728.jpg




肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/20秒くらい



この先、何年この枝垂れ桜を見られるかはわからないけど

私の中で、大好きな桜の木の1本になったことは確かです。
トラックバックURL : https://hariana.exblog.jp/tb/18193696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sendagaya3choume at 2012-07-07 13:02
桜は周りに咲いていない時に恋しくなるような気がします。目の前が公園というのは羨ましいですね。針穴を通してみると、ちょっと神秘的にさえ見えますね。
Commented by しきはん at 2012-07-08 21:44 x
>sendagaya3choumeさん
コメントありがとうございます。
確かにこの新緑の季節などに桜の花を思い起こすことがありますね。
とくにこんな一本桜だとよけいに感じます。
家探ししてる時にこの公園を見つけてこの公園の周りで探したんです。やっぱり目の前が公園っていいですね。正解でした。
by hariana_no_kokoro | 2012-07-06 22:08 | ご近所針穴 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31