赤と青

c0016712_15313143.jpg


真岡駅のホームの外れに
今はもう使われなくなった赤い客車がひっそりとあった。
そのホームにはペンキが剥げかけた古い青いベンチがあった。
夕方の金色の日差しに照らされていた。

なんかこう、しみじみと、腹の底から息を吐き切るような
そんな景色でした。
その場から動けなくなるような景色。
郷愁とか懐かしさとか、そんな言葉じゃ無理な景色。
この客車に乗ったこともないのに、
乗り降りする人々とか、線路を走っていた姿とか、
この客車が現役だった頃の景色とか、
そんなものが次々と浮かんでは消えていきました。
あくまでも、私の想像の世界のものなんだけどね。



HOLGA120S(はりほるちゃん)/Fuji Chrome FORTIA SP ISO50/5秒くらい
トラックバックURL : https://hariana.exblog.jp/tb/2745328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goodapple at 2005-09-21 15:48
旅への郷愁というか、心の底をグラつかせるような好きな景色です。
見る人それぞれに感じる景色は違うのでしょうが、
心のなにかを揺さぶる写真であるのは間違いないと思います。
ベンチの色がいい!
Commented by takayakata_0816 at 2005-09-21 21:12
 電車が写ってる写真てたくさんありますが、
この作品が一番いい!
本当です。すごいです。うまいです。
Commented by kei at 2005-09-21 23:23 x
本当何だかたまらない光景ですね。
かつてこのベンチに腰を下ろしたであろう人達の会話までもが聞こえてきそうです。

旅に出たくなりました。
Commented by しきはん at 2005-09-22 10:55 x
>goodappleさん
ベンチの色がホントよかったんですよ。
鮮やかなのにボロなの。
同じように客車の赤も、近づくと錆び錆なのに夕日の金色が鮮やかに見せてくれてました。
きっと他の時間だったらこんなふうには撮れなかったと思います。
偶然の出会いに感謝ですね。
Commented by しきはん at 2005-09-22 10:56 x
>takayakata_0816さん
わぁー、そこまで言ってもらえて嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by しきはん at 2005-09-22 10:57 x
>keiさん
ちょっと郊外の駅に出ると、放置されたまま朽ちていくのを待っている客車とか建物とか多いですね。
そういう姿は想像力をかき立てられます。
旅に出たくなったといわれて、嬉しいです。
by hariana_no_kokoro | 2005-09-21 15:37 | 針鉄の旅@真岡鉄道 | Trackback | Comments(6)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31