文字通りサンセットクリフでサンセット

桜の季節を挟んでしまったので、
今年の1月下旬にアメリカ西海岸に行った
針穴写真をまたポツポツと。

前半は、アナハイム(今や大谷で有名になったアナハイム)の
コンベンションセンター周辺で、後半はサンディエゴでした。
で、今日の夕焼けは、サンディエゴに移動している途中で立ち寄った
サンセットクリフという場所。
文字通り、夕焼けを見るために人が集まってくる場所でした。

そして、毎度のことながら、夕焼けを見ているカップルは、動かない!
なのでシルエットをいただきます。


c0016712_20445781.jpg
肝油ドロップ缶(兄)/FujiChrome Velvia ISO50/8分ぐらい


動かないと行っても、呼吸するし身じろぎもするので
そんなにビシッとくっきりしたシルエットになるわけではないけど
このにじみが、この人たちの8分間なのだ。
海岸と違って岩場で、海面からも高さがあるので
いつもとはちょっと違う夕暮れが見られました。
いやぁ、キレイだったな〜

トラックバックURL : https://hariana.exblog.jp/tb/29484201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surgeon24hrs at 2018-05-11 05:51 x
こんにちは。
素敵な夕暮れですね。
夕暮れのカップルは動かない、の法則ですね。
「このにじみが、この人たちの8分なのだ」と言うのがいいですね。彼らの人生の中の8分がこの一枚に凝縮されている、と言うわけですね。
Commented by hariana_no_kokoro at 2018-05-13 22:40
> surgeon24hrsさん
いい夕焼けの時間でした。
夕暮れのカップルと女子3人の座り込みは動かないですねー。
彼らの8分でもあり、私の8分でもありますね。針穴写真の好きなとこが、ここなんです。
by hariana_no_kokoro | 2018-05-09 20:50 | 旅針穴@アメリカ西海岸2018 | Trackback | Comments(2)

針穴写真(ピンホール写真)を綴ります


by しきはん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31